風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

その原因Xにあり、アリチアミンを摂取し太る鍋から脱却!マイタケ+青ねぎは必須!

Pocket

その原因Xにあり、アリチアミンを摂取し太る鍋から脱却!マイタケ+青ねぎは必須!
2016年12月2日放送のその原因Xにあり、今回は
太りにくい鍋の裏ワザについて、鍋にある食材をちょいと
足すだけで太りにくい鍋に変身するというのです。

 

 

スポンサードリンク

 

太るのはある食材が足りないから?

太りにくい鍋をたべるにあたり欠かせない食材がある、それは
『マイタケ』
マイタケのある成分が太りにくい体を作る
MX-フラクションというマイタケだけに含まれる成分。
このMX-フラクションには3つの働きがあります。

 

1 肝臓で余分に作られた脂肪を体外に排出してくれる
2 コレステロールを作る働きを抑える
3 腸の動きを活発にし余分な栄養の吸収を抑える

という3つの働きがあります。

 

マイタケの摂取量の目安は1日50gだけでいい
1パックの半分で十分、食べる時に大切なポイントもあり
マイタケのMX-フラクションは水に溶けだすので
おつゆも一緒に摂取する
ことが重要です。

 

次に締めの雑炊なんですが、ここにある食材を入れると
マイタケのもう一つのパワーを引き出してくれる、それは
『青ネギ』

 

青ネギを雑炊に付け足すことで
豚肉やマイタケに含まれるビタミンB1と青ネギのアリシン
これらが結合するとアリチアミンとなる。

 

アリチアミンは糖をエネルギーに変えるビタミンB1を
消化吸収を促進してくれる、アリシンは青ネギの他にも
にんにくやニラなどのネギ科の植物に多く含まれる。

 

しかし青ネギを入れるにあたりポイントが2つあり
1 ネギは細かく切った方がいい
みじん切りにした方が、細胞が壊れアリシンが
多く出てくるためです。

2 ネギを雑炊に加えるタイミングは食べる直前
アリシンは熱に弱いので、加熱すると成分が消える
なので食べる直前に青ネギを乗っけましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket