ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

ガンを抑える化合物、TBOPPの役割は?DOCK1やRACに関係している?

Pocket

2017年の5月3日にガンについての最新情報が
発表されましたね、ガンを抑える科学物を
見つけたというのです、これはどういうことでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

これを見つけたのは、以下の研究所と大学
・九州大学生体防御医学研究所
・東京大学
・理化学研究所

などのチームです
これらのチームが研究していたのは変異した
がん遺伝子を持つがんです。

 

このような難治性のガンについて調べていると
がん細胞が生きていく
または他の臓器に転移をするときに
重要な役割を果たしているたんぱく質を突き止めた。

 

そしてそのたんぱく質が働けないようにする
化合物も見つけたのです。

 

この変異したガンというのは、研究段階で膵臓がんの
ほとんどや大腸がん患者の半数に見られるとのこと
もちろん効果的な治療というものはない。

 

変異遺伝子を持つガンが増えていったり、他の臓器に
転移していくのは、RACという分子が活性化しているため
起こっていると言われています。

 

じゃあそのRACを直接やっつければいいだけの
話ではないのか?ということになるのですが
現在では、RACをやっつける薬がないのです。

 

そこで研究者の方達は
「RACを元気にしている分子を見つけよう」
ということにしたのです。

 

そして多くの分子が見つかった中で
DOCK1というたんぱく質に目をつけました。

 

このDOCK1を発現、つまりでてこないように
遺伝子を操作したら、がん細胞の浸潤やがん細胞の
外からの栄養の取り込みが活性化しなくなり
がん細胞自体が生き残る、ということが段々と
難しくなっていった、つまり死滅していく方向へ
導くことができたのです。

 

RACの活性化に大きな影響を与えているのがDOCK1
ということがわかったので、こいつの活動を
押さえ込むことができればと思い
20万種類もの化合物の中から
DOCK1の活動を邪魔してくれる
「TBOPP」
という化合物を見つけ出すことができたのです。

 

がん細胞を移植したマウスに、TBOPPを投与したら
転移や主要の増大が抑えられたという
研究結果も出ている。

 

今後は研究を何度も繰り返していき、いつかは
人にも使える安全な抗がん剤が出来上がることでしょう
なるべく早く、そういう日が来ることを願いたいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?