新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

明日スーパーから消えるかも、健康寿命を延ばすかもしれない食材SP

Pocket

12月10日放送の明日スーパーから消えるかも!?という
番組で、健康寿命をのばす食材の特集を
していましたので、どのような食材なのかを記しました。

 

打ち豆(大豆)福井県にある老化を防ぐ食材

福井県って日本の幸福度ランキングが1位なんですね。
また男女ともに県別で長寿の県です。

 

老化を防ぐ郷土食材、それはなにかというと打ち豆。
生の大豆を叩いて作ったのが、打ち豆と言われています。
普通の大豆よりも、打ち豆にしたほうが
ポリフェノールがたくさん含まれている。

 

体の老化防止、動脈硬化を抑制、美肌をキープできると
期待されている、ポリフェノール。

 

大豆製品といえば豆腐がありますけど、豆腐だと
ポリフェノールの含有量が少ないんです、理由はおからを
取り除いているから、おからにもポリフェノールは
含まれています。

 

打ち豆にした方が、ポリフェノールの含有量が多い。
では、どうやって大豆から打ち豆を作るのでしょうか?

 

かつては各家庭で作られていたようですが、今は
ほとんど作られていないようです、そこで
打ち豆を作っている方の家へお邪魔することに。

 

まず大豆を用意します。
水に2時間ほど浸けます、それから
木槌で大豆を叩いて出来上がりです。

 

肉じゃがに入れたりしてもおいしいとのこと、大豆が
割れているので、出汁の染み込みも早いんだとか。

 

更に!より強く老化を防ぐ打ち豆、青大豆!

大豆って色々な種類があって、赤大豆、青大豆に
黒大豆などがあります。

 

黒大豆で作った打ち豆の方が、黄色の豆、緑の豆よりも
ポリフェノールの含有量が多いそうです。

 

青大豆を使った打ち豆ハンバーグを作ります
通常のハンバーグの作る時に、青大豆の打ち豆を
入れてこねるだけ、これで焼いて完成。

 

福井県では、この打ち豆はかなりポピュラーで、地元の
スーパーでも取り扱っています、だけど
他県には取り扱いはないんだろうなあ~
福井県以外の県の方は、取り寄せるしかありませんね。

国産青大豆使用/打ち豆 青大豆【100g】

国産青大豆使用/打ち豆 青大豆【100g】
価格:278円(税込、送料別)

 

ヤマブシタケ、認知症予防&免疫力UPの長野県にある幻のキノコ!

長野県は男女ともに長寿日本一!
長寿に役立つ食材がたくさんありそうですね、今回は
キノコに注目して探すことに
スーパーにはキノコがたくさん。

 

そこでよく手にされていたキノコがあって、それが
ヤマブシタケだったんです。

 

ヤマブシタケの特徴は、認知症に効くかもしれないと
近年注目されているキノコ、ヘリセノンというのが
アルツハイマーの病気に対して、効果がある可能性があると。
軽度認知障害の人30名に臨床試験をすると
認知機能が改善されたという報告も!
ヘリセノンが含まれているのは、ヤマブシタケだけです!

 

更にβグルカンも含まれていて、これも免疫力アップに
役立つと言われています、動物実験では
がんになりにくかったという研究結果も。

 

昔は天然のヤマブシタケのみで、幻のキノコと言われて
いましたが、最近では栽培に成功していて
少しずつではありますが、市場に流通しだしたそうです。

 

この幻のキノコ、ヤマブシタケってどのように
食べるんでしょうね?
スーパーでヤマブシタケを購入した人は、天ぷらに
して、それからは炒めてあんかけと和えたり
していました、これもネットで探すかありませんね。

 

ツルアラメ メタボ予防する海の邪魔者!

場所は青森県大間町、そこに幻の食材があります。
ツルアラメという海藻です。

 

メタボに聞く成分フコキサンチンが
脂肪燃焼に効果があると言われていて、昆布の5倍
含まれているんだとか。

 

でもなぜ、海の邪魔者と言われているんでしょうか?
ツルアラメって基本的にはスーパーでは流通
しているものではないそうです。
ツルアラメは大間沖で繁殖していて、真昆布が生えない状態を
つくっているようなんです。

 

漁師にとっては邪魔者で、駆除をしたこともしばしば。
そこで弘前大学と共同で研究をして
邪魔者だったのが、今では大間の名産にしようという事に。

 

まだ食材としては、完成はしていません。
青森県ではごく一部で食材として使われているようですが・・・
このような感じで販売はされています。

 

ツルアラメを海から取ってみると、見た目はざらざら
した昆布という感じ、昆布の仲間だそうで
温暖化の影響でここ大間でも繁殖したんだとか。

 

生で食べてみると苦味が強く、お湯でさっとゆでると
緑になり、食べてみると歯ごたえが増して
ぬめりが出てきたようですが、味は苦い。
春とか夏だと苦味は減るが、食べる人はほとんどいない。

 

ですが上記のような刻んだものを乾燥させて
販売しているという事もあるように、少しずつ食べれる
様にはなってきているという事なのでしょうかね。

 

めんつゆで戻したものを、インパルスの方たちが
食べてみると苦味は消えたそうです。
他にもハンバーグに混ぜたりしていました。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?