ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

ミアテストに過酸化銀メソ結晶、最新のガン検査って凄いですね!

Pocket

9月29日放送のワールドビジネスサテライトで、最新の
ガン検診の特集をしていました。
がん検診って最近凄く進化をしている印象があります。
苦痛もなく検査が出来るという感じに。

 

 

スポンサードリンク

 


ある中華料理店のオーナーが最近体調がすぐれないという事で
検査を受けに、受けた所は
広尾にある、Rサイエンスクリニック広尾という病院。

 

何の検査を受けていたのかというと、癌の検査です。
すい臓がんの検診をしてもらったんですが、その検査方法は
ミアテストというもの。

 

ミアテストは、血液検査だけですい臓がんなどのリスクがわかる検査。
判定が5種類あり、A判定からE判定。
E判定に近いほど、がんになっているリスクが高い
ようです。

 

中華料理店のオーナーさんはC判定だったそうです
すい臓がんの可能性が4割から6割はあると言われてます。
すい臓がんは特に見つけにくいがんですからね
気を付けないといけません、アップルの故スティーブジョブズ氏も
このすい臓がんで亡くなっていますからね。
価格はこのクリニックで2万7千円となっています。
現在検査されている人が増えているみたいですよ。

 

なぜ血液でがんのリスクがわかるのか?
この検査法を編み出したのは、広島大学発のベンチャー企業、ミルテル。
ここでがんのリスク判定を行っているそうです。

 

血液からマイクロRNAというものを取り出して器械にかけてその量を測ります。
マイクロRNAは、病気になると変化する小さな遺伝子です。

 

このマイクロRNAは2500種類あって、すい臓がんに関わるものが
5種類あり、それで総合的判定を行います。
すい臓がんの他には、乳がんもリスク判定ができるそうです。

 

しかし課題もあって、E判定で見つかったとしても
そのがんの大きさはとても小さい場合などがあるそうです。
という事は、改めて病院で検査をしても
がんが発見できないという事もあるそうです。

 

続いて神戸へ、ポートアイランドにあるマイテックという会社。
ガンを調べる金属チップの開発をしています。

 

世界初の技術の開発をしています、それはなにかというと
血液一滴、3分でがんの有無がわかるというもの。

 

血液一滴金属につけて、それを器械にかける。
そこでPC画面に出てきた映像は、星のように光っている画像。
がん関連物質のヌクレオソームというものです。

 

このヌクレオソームは、たんぱく質の一種で
免疫細胞が、癌細胞を抑えようとしたとき、血液中に溶け出すもの。

 

現在では、健康な人の血液では星のように光っているものは
確認できず、がん患者の場合だけ光るという事になっています。

 

この会社では、ヌクレオソームだけを吸着し、光らせる方法
「過酸化銀メソ結晶」を、開発したのです。

 

昭和大学と共同で、がん患者と良性腫瘍患者20人を解析すると
結果はこうなっています。
DSC_0518
既に問い合わせがあり、国家レベルだそうです。
ロシアや中国からあったとのこと。
マイテックでは1年以内の実用化を目指してます。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?