ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

バイキングの冷え症特集、4つのポイントを抑えて冷え性を改善しよう!

Pocket

11月16日放送のバイキングでやっていた特集、冷え症について。
女性の6割が悩んでいると言われている冷え性。
そのままにしておくと、身体にはよくないことだらけです。

 

冷え症は万病の元

体温が1度下がるだけで免疫力の30%もダウン!
35度の体温はがんが好む温度
、など言われています。
冷え症の権威と言われている、川嶋朗先生に
冷え症改善の4つの新常識を教えてもらう事に。

 

37度の状態と35度の状態でのT細胞というがん細胞を
やっつける細胞がありますが、温度が2度違うだけで
T細胞の動きは全く違います、37度の方が活発ですし
がん細胞をやっつける速さも違います

 

湯たんぽをあてる場所に注意

湯たんぽを使って冷え性対策をすることはいいんですが
当てる場所が悪いとダメ、アンケートをした方たちは
足先に湯たんぽを付けるという方が多かったんですが
そうではなく、良い温めポイントがあります。

 

それは太ももに湯たんぽを付けるのがいいとのこと。
体温をあげる際、血流の多い場所、つまり血の流れがいい所を
温めると血液も温まり、血液は全身を駆け巡るので
結果全身の体温を温める事が出来る、また太ももは筋肉が多い
というもあります、寝る時には太ももをあっためましょう

 

半身浴をするよりも全身浴

実はこれダメなんです、身体を温めるという
医学的根拠は全くないそうです。
なので、全身浴がいいとのこと。

 

理由として、心臓まで浸かることになるので
心臓も温まり心臓のポンプが活性化される。
そしたら血液も全身へめぐっていく早さもアップするし
暖かい血液を送ることが出来る。

 

また温度は38度から39度のお湯がいい、これを40度を
超える温度で入ってしまうと、長く入ることが出来ないし
血管が収縮してしまう、逆に体を冷やす可能性があります。
40度以下のお湯に30分程度がベスト

 

また入浴剤を使うのも効果的で、炭酸系の入浴剤がいい。
炭酸が皮膚に付着すると、酸素が足りないと血管が
錯覚をして毛細血管を広げ血流改善をすると。
温まるには炭酸系入浴剤を入れてすぐ入りましょう

川嶋先生おすすめは、バブの柚子の香りです。

 

しょうがを摂る、更にシナモンを足す

ショウガ紅茶に足すとより効果が増すものがあり
それはシナモン、漢方では桂皮という生薬として
使われています、効用としては
・身体を温める
・胃腸の動きをよくする
・駆風 風邪を除く
・睡眠延長作用 深い眠りにつく

などがあります。

 

靴下を履いて寝る

いいか悪いかは言えず、川嶋先生は微妙な判断をしましたが
理由として、靴下を履くと足を締め付けるので、ソックスの
ゴムの部分を切ったり、締め付けを緩くするのがいいと。
足を圧迫するのがよくないようです、履いてないと眠れない
場合は、ゆるいソックスを!
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?