新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

団塊スタイル、健康寿命を運動で伸ばす、まずは歩くこと!

Pocket

団塊スタイルの2回目ですね、今回は運動の特集。
根本賢一さんが運動について教えてくれます。
1回目の団塊スタイル、食についての特集はこちら。
健康寿命を伸ばすには食から

 

歩くことで健康寿命を伸ばす

横浜市の取り組みです。
3名の高齢者の方、それぞれ1日に何歩歩いているのか?
1人目は8000歩
2人目は2500歩
3人目は4000歩

 

歩き終わるとあるお店へ、そこで歩数計のデータを送信。
横浜市へそれが飛んでいきます。
それでポイントがたまるんですよね。
また、自分のパソコンでも確認することができます。

 

そのポイントは抽選で商品券に交換できるんだとか。
こういう楽しみがあってやるのはいいですよね。
ポイントの為に頑張れますし。

 

どうしてこのような取り組みを?
横浜市は2025年には100万人の方が高齢者、なので健康促進を
していく上で、こういう活動をしているようです。
だけど現在参加しているのは9万人だそうです。
もうちょい増やしたいですよね。

 

他の県でも取り組みはやっています、千葉県や兵庫県など。
1日の目安の歩数は8000歩から1万歩となっています。

 

基本的な歩き方とは?

気になりますよね、正しく歩けているのかどうか。
ある女性の方が歩き方をチェックすることに、根本さんが。

 

まずは歩く前にストレッチをします。
身体を温めないと、ケガの元ですからね。

 

アキレス腱を伸ばしたり、太ももの前を伸ばしたり
ストレッチが終わってから歩き方のチェック。

 

チェックしてもらいましたけど、腕の動かし方を指摘。
腕を前に向けてふっていると姿勢が悪くなります、前傾姿勢に
なってしまうんだとか、腕を大きく前後にふると
歩幅もそれで大きくなるんですって。

 

そして拳もにぎるのではなくて、少し開く。
そして腕を後ろの方にもふる、他にもお腹が左右に揺れる
これでは体の軸がぶれてしまいます、お腹に力を入れて
歩くとぶれも少なくなります。
後はひざを曲げないように、それだけひざに負担がかかります。

 

以上の事を気を付けると、正しい歩きができるようになります。

 

速足を取り入れているのはどうなのか?

これはいいんだとか、インターバル速歩といいます。
ゆっくり歩くのと、早く歩くのを混ぜて歩く方法。

 

はじめはゆっくり歩きを3分してから、それからはや歩き。
全力で歩くときの70%位の力で歩く、これも3分。
坂本九さんの上を向いて歩こうのテンポで歩くと
ちょうどいいみたいですよ、1日15分以上、1週間に4日を目安。

 

歩幅は大きく、そうすることで脛の横にある筋肉を
鍛えることができます、そこを鍛えることで
つまずきの防止にもなります。

 

坂道を歩く

平坦な道を歩くよりも、山道を歩く方がきついです。
体力もつきますよね。

 

川崎市にお住いの方たちは、体力を付けたりトレーニング
出来たりという事で、この坂道ウォーキングは
気に入ってるようです、歩き続けると愛着が芽生えるとも(笑)

 

ウォーキングコースの途中にお手洗いや、急に倒れたりしても
AEDなどを設置している小学校などが近くにあります。
もちろん休む場所も、無理せずのんびりと歩くのがいいですね。

 

上り坂って歩くと足の裏全体で地面を受け止めるので
ひざの負担もあんまりないみたいです。
だけど下り坂は、足の接地がまた変わってくるので
下りはゆっくりと歩くのがいいと。

 

歩くときに注意すべき点

DSC_0110
これらには気を付けたいですね、特に夏にウォーキングをすると
熱中症の心配もありますので、水分補給は重要です。
まずは短い時間から始めていって、段々慣れてきたら
坂道などに挑戦するのがいいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?