ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

今でしょ講座、様々な病気が日本一少ない県は?

Pocket

2017年6月27日放送の今でしょ講座3時間SP
今回は病気×県民データについての特集です。

 

 

スポンサードリンク

 

健康寿命が日本一長い県は山梨県

健康寿命というのは健康で自立した生活を送れる期間をいいます
平均寿命よりも10年以上離れているのが現状です
しかし、ある県だけは健康寿命が高い。

 

健康長寿の県ベスト5はというと
第5位 茨城県
第4位 福井県
第3位 宮崎県
第2位 静岡県
第1位 山梨県
という結果、つまり山梨県が一番健康寿命が高い
年齢は74.15歳となっています。

 

なぜ山梨県が1位になったのか?

健康寿命を延ばす3つの理由があるとのこと
1 魚中心の食生活
海なし県なのですが、魚をよく食べているのだそうです
海がないため憧れがあるから消費量が
多いのではないかと推測されている、そして他人を
もてなすためのご馳走としてお寿司をチョイスする
という事もあるのだそうです。

 

魚と健康寿命の関係はというと、魚の脂肪酸
EPAやDHAが含まれているので、生活習慣病の予防
脳の認知機能向上にも役立ちます。

 

刺身やお寿司で食べた方が栄養素を多くとれる
加熱をしてしまうと魚の脂肪酸は減ってしまう。

 

2 1日の平均食事時間が日本一長い
日本人の平均は99分に対し、山梨県は106分だそうです
この食事時間の長さが肥満やストレスを防いでいる
こういう事でも関係しているんですね。

 

早食いの人とそうではない人と比べると、早食いの
人の方が肥満になる率は、そうではない人の4.4倍も
あるんだそうです。

 

更に山梨県の伝統文化として、無尽というものがある
気の合う仲間たちとの食事や旅行などへ行くための
積立金のようなものです、これで楽しく食事したり
旅行したりできるという事です、一人で複数の無尽会に
入るのもありで、人によっては多数入っていて
月に10回程度の食事をしたりするんだそうです。

 

仲間と楽しくコミュニケーションを取るため
脳の活性化やストレス発散にもつながっていく。

 

3 過去40年平均日照時間が日本一長い
西部に南アルプスがあり、雲を作る湿った空気を
作りにくい傾向がある、そして日光を浴びると
肌でビタミンDを合成してくれる、ビタミンDは
骨を強くしてくれます。

 

脳梗塞が日本一少ない県は沖縄県

ベスト5はこのようになっている
第5位 愛知県
第4位 神奈川県
第3位 東京
第2位 滋賀県
第1位 沖縄県
どうして沖縄県が1位なのでしょうか?
3つのポイントがありました。

 

1 塩分を摂らない
普段何で味付けしているのかというと、かつおだし
なんだそうです、鰹節の消費量は全国一です
一般家庭でも粉末のかつおだしで味付けしていた。

 

塩分を多く摂取すると血圧上昇となってしまい
脳梗塞を発症しやすい状態へとなっていく
塩を使わずカツオだしだと、その心配も多少は
低くなるという事ですね。

 

2 豆腐をよく食べる
養豚が盛んにおこなわれている沖縄、おからが
エサとなっていたので副業で豆腐屋さんが多かった
なので豆腐屋さんの数が増えて多く
食べられるようになったのです。

 

大豆食品をよく食べる女性は、脳梗塞や心筋梗塞の
発症率が低下すると言われています
豆腐に含まれるイソフラボンが
抗酸化効果で脳梗塞のリスクを減らしてくれる。

 

3 気温の寒暖差が少ない
温かい気温が年中続くので
血管への負担がかかりにくい。

 

貧血が日本一少ない県は静岡県

ベスト5はこのようになっている
第5位 宮城県
第4位 沖縄県
第3位 愛知県
第2位 滋賀県
第1位 静岡県
その秘密はなんなのか?

 

1 マグロをよく食べる
マグロに含まれる鉄分で貧血を予防してくれる
静岡県は日本で一番購入金額と量が多いのです。

 

鉄分とタンパク質、そしてビタミンCなどと
一緒に食べると鉄分の吸収率が上がります

 

2 しらすをよく食べる
しらすの購入金額も量も日本一です
鉄分以外にも、リジンという栄養素も含む
必須アミノ酸の一つで欠乏すると
疲れやすい、集中力の低下、めまい吐き気や
貧血が出やすいと言われています。

 

3 あさりをよく食べる
ビタミンB12も多く含まれている、赤血球を
作るうえで欠かせないビタミンであります
もちろん鉄分もたくさん含まれている。

 

肥満が日本一少ない県は三重県

ベスト5はこうです、前が男性で後ろが女性。
    男性  女性
第5位 大阪府 和歌山県
第4位 石川県 石川県
第3位 福岡県 岐阜県
第2位 岐阜県 神奈川県
第1位   三重県
男女とも三重県が1位なんですね
肥満の少ない理由は?

 

1 ヒジキが名産
中性脂肪を減らしてくれることに期待が持てる
日本のおよそ50%のひじきを三重県が生産している
タンニンとフコキサンチンという成分があり
どちらも脂肪燃焼に期待が持てます。

 

2 アオサを食べる
私も好きなあおさです、値段は少々高いのですが
とってもいい香りを出して美味しいです
食物繊維がごぼうの7倍あります、なので余分な
コレステロールを排出させてくれます。

 

糖尿病が日本一少ない県は愛知県

第5位 静岡県
第4位 埼玉県
第3位 千葉県
第2位 沖縄県
第1位 愛知県
愛知県が糖尿病が少ない理由とは?

 

1 赤みそ 八丁味噌をよく食べる
糖尿病対策に有効な面があり、赤みそに含まれる
メラノイジンが糖の吸収を抑え血糖値を
上がりにくくしてくれる。

 

2 モーニング文化
愛知県の人は家族でモーニングへ行く習慣が
あるようです、朝食をきちんととることで
その後の食事の血糖値の上昇を
抑える効果があるようです。

 

肩こりが日本一少ない県は新潟県

第5位 石川県
第4位 沖縄県
第3位 秋田県
第2位 山形県
第1位 新潟県

 

関係ありそうなのが2つあるのですが
1 温泉地の数が全国3位
温熱効果で血行促進が期待できる
血行が良くなり筋肉の緊張が緩和される。

 

2 新潟市を挙げての大きなお祭りがある
お祭りの踊りが筋肉の状態を改善させる、ようです
にいがた総おどり祭りというのがあり
踊りを見ると確かに腕を上げる運動が多かった
総おどり体操なるものもあるようですよ。

 

物忘れが日本一少ない県は神奈川県

第5位 宮崎県
第4位 山梨県
第3位 鹿児島県
第2位 埼玉県
第1位 神奈川県
物忘れが少ないポイントは3つあります

 

1 ワインをよく飲む
1日にグラス3杯程度飲むといい
赤ワインにはポリフェノールが多く含まれていて
脳の衰えを防ぎ、認知症の発症リスクを軽減する
このように言われています。

 

またお酒が飲めない場合、加熱してもポリフェノールは
壊れないのでソースなどにして使用するのもいい。

 

2 トマトをよく食べる
神奈川県民はよくトマトを食べるようです
リコピンがポイントで、抗酸化力が強い
他にも
グルタミン酸が神経細胞を保護し神経伝達をよくする。

 

3 チーズをよく食べる
購入額と量も日本一の神奈川県
乳製品をたくさん取ると認知症の発症率が下がると
言われております
チーズに含まれる、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸という
栄養素がたくさん含まれ、予防の大事な因子かも
しれないと言われている。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?