風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

今でしょ講座、調味料の使い方で栄養の吸収に違いが!?オリーブオイル納豆に黒酢牛乳はおすすめ!

Pocket

10月6日放送の今でしょ講座、今回は調味料の使い方について。
食材に使う調味料、使い方によっては
栄養の吸収率を何倍にもしてくれるんだとか。

 

 

スポンサードリンク

 

老化防止に役立つ味噌

約1500年前から使い続けられている調味料です、日本最古の
調味料かもしれませんね。
味噌には原料が大豆という事もあるので
大豆サポニン、大豆イソフラボン、大豆サポニンというのが含まれています。
特に大豆サポニンは、コレステロール値を下げ血栓の原因になる糖質を
抑制する可能性がある
と言われてます。
DSC_0525

 

大豆そのものと味噌を比べるとどちらが効果的か?
これは味噌の方がいいとされています。
発酵により効率的に栄養が吸収されるから。

 

ですが間違った使い方をすると栄養が効率的取れない場合も。
沸騰したまま味噌を溶かす、火を消してすぐに味噌をとく
というのはダメだそうです。

 

味噌に含まれる酵母や乳酸菌は加熱によって失われるのです。
50度を超えるお湯になると、もう酵母や乳酸菌は失われてしまいます。
50度以下で味噌を溶かすようにしましょう。

 

味噌の力を最大限に活かす方法とは?
低温と高温で使い分ける、サバ味噌なんかで使うときは
味噌ににおいを吸着させて臭みをとるのもありますが
沸騰しているときに味噌を薄く溶かして、50度以下になった時に
再び味噌を溶かすというやり方がいいようです。

 

また味噌汁にワカメなどを入れると、カリウムが豊富に
含まれているので塩分を体に排出されるようです。
他にも小松菜やほうれん草もカリウムが豊富

 

ダイエットに役立つオリーブオイル

オレイン酸が主に含まれていますが、これは血管についたコレステロールを
低下させて正常にしてくれる働きがあります。
大さじ2杯位を1日に摂取すればいいとのこと。
できればエキストラヴァージンオリーブオイルがいい。

 

栄養を保つ使い方とは?
保存方法に気を付けないといけません。
光酸化といって、日の当たる所に置いていると
酸素とオリーブオイルの成分が混ざり合って酸化
してしまいます。
なので瓶をアルミホイルで巻いたりして、光を遮断しましょう
また、オリーブオイルと納豆は相性がいいんです。

 

納豆菌には整腸作用があります、オリーブオイルとの相性も抜群。
オリーブオイル納豆の作り方
・納豆に醤油をかけて、そのあとにオリーブオイルを入れる
これだけで完成です、オリーブオイルを入れるのは必ず後です!
醤油を入れる前ではいけません。

 

便秘解消に役立つ塩麹

昔塩麹流行っていましたよね、塩麹の乳酸菌により
腸の善玉菌が増えて便秘解消の効果があるそうです。

 

お肉につけると柔らかくなるといいますが、ここにひと工夫
加えるとより栄養を効率的に摂取する事が出来ます。

 

肉を塩麹に付けてすぐに焼くと乳酸菌が死滅してしまいます。
酵素は50度以上になると失われるので。
だから、焼き終わった後に再び塩麹を塗りましょう
それで乳酸菌を効率的に摂取できます。
他にも塩麹と枝豆もしくはインゲン豆というのも相性が抜群です。
食物繊維は枝豆よりもインゲン豆の方が、枝豆の3倍位多いです。

 

この冬注目の最新調味料

カイミ、漢字では怪味という字を書きます。
複雑な味という意味がありまして、中国には昔からあるようです。
甘い、辛い、酸っぱい、しょっぱい、旨み、しびれ
これらがすべて味わえるカイミ。

 

何が含まれているのかというと、こんなにも!
DSC_0529
なので色んな食材に合うということなんでしょうね。
血流を良くする効果が期待できるようです。
寒い時期にはいいですね。

 

肌荒れ防止に役立つトマトケチャップ

生のトマトよりもすごいパワーがあるようです、肌荒れにもすごく良い
リコピンが含まれていて、抗酸化作用はビタミンEの100倍あると
言われています。

 

ただトマトケチャップを使えばいいというわけではありません。
使う量も重要で、大さじ4杯位使うとリコピンの
1日に必要な摂取量を摂れることができます。

 

普通のトマトで食べると、大きなトマト2個分です。
これだとちょっと多く感じますよね。
また、熱を加えた方が吸収しやすいと言われています。
トマトケチャップはとても理に適っている調味料という事ですね。

 

リコピンの吸収率抜群の組み合わせがあって
それは何かというと、油。
リコピンは油と一緒に摂ることで吸収率がアップします。

 

疲労回復に役立つ黒酢

黒酢も昔はやっていましたよね、疲労回復にはもってこいの調味料。
意外な組み合わせで吸収率がアップします。

 

普通のお酢よりも、黒酢は疲労回復度が違います。
この黒色にパワーの秘密が・・・
黒酢は玄米が原料です、普通のお酢は白米が原料。
発酵期間も黒酢は1年から3年といわれていて、長ければ
長いほど黒色が濃くなるとのこと。

 

とっておきの黒酢ドリンクがありまして、黒酢と
牛乳を入れる事で疲労回復に良いと。
牛乳にはトリプトファンが含まれていて、これは
安眠効果があります、また牛乳のカルシウムは体が吸収しやすいので
黒酢を入れることによって吸収率もアップ。
更に黒酢はアミノ酸が含まれていますので寝ている間に疲れを取ってくれると。

 

作り方は
・牛乳150ccに黒酢大さじ1杯、はちみつを少量入れて完成
味はヨーグルトのような感じだそうです。

 

夜飲むことがおすすめで、血液中にもカルシウムは含まれているのですが
血液中のカルシウムが少なくなると、骨からカルシウムを
補っているんですね。

 

朝に黒酢牛乳を摂取しても夜寝る時までにカルシウムがなくなってたら
意味がないので、夜に摂取するのがいいと。
そうすることで骨粗しょう症の予防にもなる。

 

朝から晩までのカルシウムの体内での使用量というのはわからないですが
恐らく相当量を使っているでしょうから、夜に黒酢牛乳を
摂取する必要があるんでしょうね。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?