新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

今でしょ講座、発酵食品ベスト6を毎日食べるようにしよう!

Pocket

2016年4月12日放送の今でしょ講座、3時間SP。
医師50人が選ぶ体に良い発酵食品ベスト6をまとめました。
発酵食品は腸内環境を整えるために必要な
食品ですからね。
講義してくれるのは、医学博士の白澤卓二先生。

 

 

スポンサードリンク

 

そもそも発酵とは?

・発酵と腐るはどう違うのか?
発酵と腐るというのはメカニズムは一緒ですが
明確な違いがあります、ポイントは微生物。

 

食べ物につく微生物の種類が違うのです。
発酵は食品を分解し人が必要な栄養を作る
食品を分解して毒素を出すのが、腐る

という事なのです。

 

・発酵に役立つ微生物はどれくらいいるか?
大きく分けると6種類しか存在していません。
なんと8千年前から発酵食品は存在しているとも
言われているんです。

 

カナダ北部では気温が低くビタミンなどが不足する。
そこでキビヤックという、海燕をアザラシの腹に詰めて
土の中に埋めで半年発酵させて、発酵した海燕を食べ
ビタミンを摂取していたと言われています。

 

・発酵食品は全部でどれくらいあるのか?
現在は30種類以上あると言われています。

 

・発酵し続けている食品を放置しておくと
 腐るのか腐らないのか?

理論上は腐らないとされています、それはどうしてか?
発酵は満員電車に例えられ、発酵菌が
全部乗っていると、腐敗菌は入ってこれない
様になっていて、腐敗菌が繁殖する隙が無い
という事なのです。

 

でもヨーグルトはずっと置いてると変なにおいを
起こすのはなぜか?
衛生上の問題で加熱殺菌をするのですが
それをすることによって食中毒から守ってくれているのです。

 

体に良い発酵食品ベスト6 第6位 ぬか漬け

米を発酵させて作るぬか床に野菜を漬ける
これがぬか漬けです。

 

第6位に選ばれた理由は、野菜のビタミンが激増するため。
栄養素がこんなにも変化するんです!
DSC_1233

 

ぬか漬けには乳酸菌と酪酸菌が入っていて
酪酸菌がポイント、この酪酸は免疫細胞を増やし
大腸の炎症を抑制することが期待できる
最新の研究でわかったのです。

 

ゆくゆくは大腸がんの予防にもなるだろうと
言われています。
酪酸のメリット1 大腸の傷を修復
酪酸のメリット2 酢酸の粘液で大腸の粘膜を保護する

 

また酪酸菌は
・熱や酸に強い
・生きたまま腸に届いて善玉菌を増やす

ぬか漬けにこんな力があるとは・・・

 

第5位 お酢

純米酒を酢酸菌で発酵させる、これがお酢です。
お酢の凄い所は、高血圧予防につながると期待できるから。

 

酢酸を摂取すると血管を広げる効果があり
血圧を下げることに期待が出来るのです。

 

第4位 チーズ

 
牛乳を乳酸菌で発酵させ酵素で固める発酵食品。
最新の医学研究で、今までの常識を覆すデータが・・・

 

それは医学的に見るとチーズはダイエット食品という
事がわかってきたのです。

 

どうしてチーズがダイエット食品になりうるのか?
理由はカルシウムとビタミンB2が含まれているから。
カルシウムの最新研究で、カロリー制限をして
カルシウム不足とカルシウムをきちんととった人では
体重の減少に違いが出ました、チーズなどのカルシウムを
きちんととった人は、カルシウム不足の人に比べ
1.5倍体重が減少
したとのこと、研究期間は3か月です。

 

カルシウムが脂肪を吸収することが防ぎ
胆汁とくっつく性質もある。
胆汁というのは脂肪を吸収する消化液なんですが、カルシウムは
胆汁が脂肪を吸収する働きを邪魔する
のです。
牛乳を飲むのもいいのですが、発酵してチーズとなったら
カルシウムが増えるのです。

 

パルメザンチーズは、牛乳の約12倍もカルシウムが
含まれています、たぶん100g単位での倍率では
ないかと思います。

 

もう一つのビタミンB2、発酵によって量が増え
またパルメザンチーズで表すと牛乳の4.5倍と
言われています。
ビタミンB2は脂肪を燃えやすくしてくれる。

 

第3位 みそ

 
無視衵を麹菌で発酵させるのが味噌、大豆を加えて
更に発酵させるという味噌もあります。
1300年以上の歴史があるんです。

 

味噌は医学的にも素晴らしい、それは乳がん発生リスクが
下がるという事なのです。

 

味噌汁を1日3杯以上飲む人は、1日1杯未満の人に比べ
40%も発生率が下がっていました。

 

医学的な味噌汁の作り方

温度が高いと味噌の味が落ちる、というのは
よく聞く話ですが、栄養素も一緒に落ちているのです。
ポイントは味噌を溶かすタイミングで
食べる直前に溶かすのがベストなタイミングなのです。

 

味噌に含まれた菌が50度以上のお湯にあたると
生きた菌が死んでしまうため、なので味噌を
入れる10分前には火を止めて、食べる直前に
味噌を入れる
ようにしましょう。

 

第2位 ヨーグルト

牛乳を乳酸菌で発酵させるのがヨーグルト。
凄い所は、習慣的に食べる事で糖尿病のリスクが減少する所。

 

ケンブリッジ大の最新研究では
男女3500人を11年間、追跡調査した結果
低脂肪ヨーグルトを週5個食べると2型糖尿病の
発症リスクが28%も減少したのです。

 

また善玉菌は加齢で減少します、生まれたてが
一番善玉菌を持っていて、それが徐々に
減っていき、老年期になるとかなり減少する。

 

免疫細胞の6割が腸にあると言われているので
腸内細菌を整えておきたいですね。

 

第1位 納豆

 
大豆を納豆菌で発酵させた食品が納豆。
最新研究で分かったのですが、女性に嬉しい
成分がたくさん含まれているのです。

 

・肌を作るビタミンB2が約6倍
・シミ・シワ予防につながるレシチンが約1.5倍

更に骨粗しょう症の予防につながる
ビタミンK2が含まれている、その数は
大豆に比べ86倍にもなる。

 

納豆の理想的な食べ方ですが、ポイントは2つ
・朝もいいけど夜に食べるともっといい
肌は夜寝ている間に作られるためです。
肌作りに効率的という事です。

 

また納豆を食べる時に、ごま油を数滴たらすと
ビタミンKの吸収率を高めるためです。

 

名医が監修、発酵食品弁当!

どんなお弁当かというと、こういうお弁当。

お弁当のおかずはみそ床で味付けをしています。

みそ床の作り方

保存容器にみそ、ニンニク、酒を入れて混ぜる
1回みそ床を作れば約1週間から1ケ月使えます。
鶏肉や卵、野菜など好きなものを漬けられる。

 

・チーズと鰹節のおにぎり 2個分の材料
ご飯 300g
みそ 15g
クリームチーズ 2かけ
鰹節 少々

 

おかずの材料はありませんでした、以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?