新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

今でしょ講座、朝食検定のポイントを抑え血糖値の上昇を防ごう!

Pocket

2016年4月12日放送の今でしょ講座、3時間SP。
既に何度も検定シリーズという名目で特集を
されていましたが、今回は朝食検定。
どのような朝食がいいのでしょうか?
講義してくれるのは、金本郁男先生。

 

 

スポンサードリンク

 

朝食検定の前に知っておきたい事

薬と食事の立ち位置の違い
薬はいつ飲めば効果的か決まっていて
食事は食べる時間と食べる順番は決まっていない。
これが違いなのです。

 

まず血糖値について。
血糖値というのは、血液中のブドウ糖の濃度を
血糖値といいます。

 

特に朝食は血糖値上昇を緩やかにする食事に
することが非常に重要です。

 

そもそもなぜ太るのかというと、大量の炭水化物を
摂取すると血糖値が急上昇し、インスリンが出動しそれが
脂肪細胞に糖を持っていくため。

 

どういうことかというとインスリンが分泌され血糖値の
上昇を抑えてくれ、体内に糖を貯えるのですが
炭水化物の量がそれほど多くないと、インスリンが
筋肉や肝臓などに糖を持って行ってくれますが
炭水化物を大量に摂取する事で、インスリンは
筋肉や肝臓の他に脂肪細胞にも糖を持っていってしまう
これがのちに脂肪となり、血液中には糖分が残るので
これが血管内で悪さをする、という悪循環となります。

 

朝食検定 和食編

・第1問 血糖値の上昇を緩やかにする朝食は
 ご飯を1回●●する

答えは冷たくする。

 

理由は消化しにくいでん粉が少しできるためです
難消化性でん粉というもの。
レジスタントスターチともいいます。
消化されにくいという事は、血糖値の上昇が緩やかなんです。

 

・第2問 温泉卵、のり、山芋、この中で
 血糖値の上昇を緩やかにするのは何か?

答えは山芋なんです。

 

どうしてかというと
山芋のねばねばした成分、これが血糖値の
上昇を抑えてくれる、また、納豆やオクラを
足してもOK、3つをご飯の上にのせて食べると
血糖値の上昇を抑えられることに期待できます。

 

・第3問 血糖値の上昇を緩やかにするために
 味噌汁の具材を〇〇する

答えは大きくカットする。

 

具材を大きくすることで、食べるのに時間がかかる。
ゆっくり食べればゆっくり消化され吸収されるから。
早く食べるのはよく噛まないですからね。

 

・第4問 血糖値の上昇を緩やかにするのは
 焼き魚とベーコンエッグ、どっちでしょうか?

答えは焼き魚です。

 

2つの食品にさほど血糖値の上昇の違いはないんですが
長期的に食べていくことに違いがあるのです。
魚の脂の方が体にはいいので、おすすめという事。

 

・第5問 塩分の摂りすぎが血糖値を上げる理由は?
答えは、塩分の多いものを食べると甘いものが
食べたくなるからです。
結果的に糖分の摂取量がが増えてしまい、血糖値を上げてしまう。

 

朝食検定 洋食編

・第6問 食パンを食べる時血糖値の上昇を
 緩やかにする方法は?

答えは焼いて食べるのが良い。

 

パンは焼くと難消化性でん粉が増えるためです。
パンに甘いものを塗りたいなって思ったら
はちみつが良いとのこと、はちみつの主成分は果糖
果糖は吸収が遅く血糖値が上がりづらいため。
少量付けて食べましょう、脂も同様の効果があります。
バターを塗るのが良いとのこと。

 

・第7問 野菜サラダにかけるもので毛当地の上昇が
 緩やかになるのはフレンチドレッシングか
 ノンオイルドレッシングか?

答えはフレンチドレッシングです。

 

脂がポイントになり、消化をゆっくりさせ
オリーブオイルに含まれるオレイン酸にはGLP-1という
消化管ホルモンを分泌させる働きがある。
インスリンの分泌を促進させるホルモンです。

 

フレンチドレッシングには、オリーブオイルが
原料として含まれているとのこと。

 

・第8問 朝のコーヒー、血糖値の上昇を緩やかにする
 コーヒーを飲むタイミングは?

答えは食後です。

 

食前にコーヒーを飲むと、カフェインがインスリンの
働きを阻害するので、ブドウ糖が血液中に溜まりますよね。
こうなると危険なので、食後が良いとのこと。

 

また朝食にはヨーグルトを食べる事もお勧め。
乳製品に含まれるホエイという成分が、血糖値の上昇を
抑えてくれる役割があります。

 

・第9問 血糖値の上昇を緩やかにするには
 朝の野菜ジュース、いつ飲めばいい?

答えは食事の30分前。

 

野菜ジュースにすると、糖が水に溶けた状態になっていて
早く吸収されやすい状態になる。
吸収されやすいから、血糖値が上がりやすいと思いますが
野菜ジュースに入っている糖の量が少ないのです。

 

少量の糖が水溶液の状態で体に入っても血糖値はそんなに
高くならないがある程度はあがる、しかし
インスリンの分泌が出来上がっている。

 

つまり、食前30分前に野菜ジュースを飲むことで
著食を食べた時の糖分を、すぐにインスリンが処理できる
状態になっているという事なのです。
適量は200mlというのはきちんと守りましょう。

 

・果物はいつ食べるのがいいのか?
これは食前に食べた方が血糖値はあがりにくくなる。
金本先生の実験では
リンゴを半分皮ごとすりおろして食べて、その後
ご飯を食べると確実に血糖値が上がりにくくなるようです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?