夏が本格的になる前に体型をどうにかしたい!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・今後ダイエットの新常識となるかもしれない方法

夏本番前に友達よりちょっと差をつけるダイエット法

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・最近話題のエクオールの効果とは?

エクオールは女性が得をする効果あり?

主治医が見つかる診療所、柔軟にアンチエイジングヨガ&体幹ストレッチ

Pocket

2017年5月29日放送の主治医が見つかる診療所
続いて体の柔軟についての特集
身体が柔らかくなると、若返りにも関係するとのこと。

 

 

スポンサードリンク

 

現代は柔軟ブームだそうです

きくち体操神奈川教室というところへ伺うと
高齢者が多数柔軟体操をしていました

 

創設者の菊池和子先生は83歳ですが
とても若く見えます、これもストレッチを
長年やり続けてきた結果でもあります。

 

元体育教師だったのですが1960年代に
きくち体操を創設し、現在では会員数3千人の
生徒に健康にいい柔軟体操を指導しています。

 

今回教えてくれたのは、足首の柔軟性を
高める体操です、やり方は簡単。

 

1 足首を逆の足のひざ辺りに乗せる
2 足の指と手の指を
  足の指手の指と交互に入れて足首を回していく
3 おおきくゆっくり10回程度回しましょう
  終われば反対側も

 

他にも真向法体操というものもあり、これは
股関節のストレッチを中心にした体操
腰痛肩こり、冷え症などを徐々に緩和していく
昭和初期からあった体操だそうです。

 

身体を動かすことである物質が筋肉から出てくる
それはマイオカインという物質。

 

筋肉を動かしたときに出る
糖尿病、肝臓病、骨粗しょう症を予防し
脂肪燃焼効果もある
マイオカインは20種類以上あるとのこと。

 

激しい運動をイメージしがちですが、そんな激しい
運動をする必要はないとのこと
ストレッチ程度でもマイオカインは分泌される

 

一人で出来る 中山流超簡単ストレッチ

主治医でお馴染みの中山先生が教える
簡単な足ブラブラストレッチ
足をぶらぶらと大きく動かすだけ、動かす足の
ひざは曲げないように椅子につかまりながら
前後左右10回程度行いましょう。

 

腰痛を予防、改善できるひざ裏伸ばし

山口県の宇部市、かわむらクリニックの
川村明先生に話を伺うと、腰痛で来院される人が
多いとのことです。

 

そこで川村先生はアンチエイジングヨガを考案
一般的なヨガを独自にアレンジしたものです

 

特に重要なのがひざ裏だそうです、腰痛持ちの人は
膝の裏の筋肉が硬いというのが関係している
このように川村先生は考えていた。

 

ひざ裏がしっかり伸びないと、太ももの裏の
筋肉に力が入らなくなり、腰回りの筋肉に
歪みがでて、姿勢が悪くなって腰痛に繋がる

 

そこでひざ裏を伸ばし、柔らかくしていく事で
段々と姿勢もよくなっていくといいます。

 

ひざ裏が硬くなりやすい人は
・歩くことが少ない人
・デスクワークが多く、椅子に座っている時間が長い
・床から立ち上がることが少ない人

 

・ひざ裏の硬さチェック
足を伸ばして座った時、ひざ裏と床の隙間を測るだけ
・2㎝以内なら柔らかい
・2㎝から5㎝は黄色信号
・5㎝以上は赤信号

それだけ腰痛のリスクも上がる。

 

ひざ裏のストレッチ1 壁ドンストレッチ

1 壁に向かい足を前後に開く
  後ろの足のかかとを床につけたまま膝裏を伸ばすようにする
2 前の足を曲げて両手を壁に付ける
3 膝裏を伸ばしながら壁を5回押していく
4 5回目で止めて、膝裏を伸ばした状態を5秒キープ

伸ばしたら次は反対の足も行いましょう。

 

ひざ裏のストレッチ2 アオサギストレッチ

タオルを使用します
1 座った状態で片膝を立てる
2 もう片方の足はまっすぐの状態なのでかかとをつけたまま
  太もも側に引き寄せ、そこにタオルを足の裏にかけて伸ばす
3 つま先が上を向くように意識しながらかかとを前に突き出す

同様に反対の足もやりましょう、伸ばす時間は5秒程度
タオルを足にかけるのは、足の指の付け根の辺りで。

 

姿勢が良くなって若返る ポイントは体幹ストレッチ

早稲田大学所沢キャンパスへ
フィジカルコーチの広瀬統一先生に話を伺うと
体幹が重要だといいます。

 

体幹を柔らかくしなやかにすると姿勢が良くなり
バランスがとりやすくなり、転倒も防げる。

 

体幹ストレッチ その1

1 手のひらと膝を床につけ、肩幅に開く
2 へそを見るように背中を丸めて伸ばす
3 顔をあげながらお腹を伸ばす

伸ばしている腹筋と背筋を意識して行いましょう
1日5回程度からはじめていく。

 

体幹ストレッチ その2

1 片膝立ちになり、両手を組んで上にあげる
  背中は真っ直ぐ伸ばすようにする


2 前の足を伸ばして体重を後ろにかける

前足のかかとは浮かないようにしましょう、そして
太ももの裏が伸びるように意識する
5回程度繰り返しましょう

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?