新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

主治医が見つかる診療所、ガーデニング=園芸療法で様々な病気の予防につながる!

Pocket

2016年7月25日放送の主治医が見つかる診療所
今回は認知症や血液改善などに有効な
ガーデニング療法の特集。
近年は趣味として、とても人気のあるガーデニング。
医療の分野でも注目されています。

 

 

スポンサードリンク

 

ガーデニングで認知症や脳梗塞を予防改善

兵庫県の西播磨病院にいる、74歳の男性は
68歳の時パーキンソン病と診断されました。
当初は何とか歩ける状態でしたが、去年
脳の血管に障害が出来ている事がわかりました
現在は、自分で歩くことが困難になりつつあり
西播磨病院に移ってきました。

 

そこでガーデニングを1日30分ほど行うようになると
歩けるようにまで回復しました。
一般的なリハビリと併せて行う事で
これだけの治療になっているのは凄いことですね。

 

また、臭いを使い嗅覚を刺激し記憶をよくしようと
いう取り組みも、臭いであの日あの時は・・・
っていう事を思い出したりしませんか?
これを治療に使っているようです。
記憶がよみがえったりしますからね。

 

この園芸療法で、脳の細い血管の部分で
死滅した脳細胞が、ガーデニングなどを行うと
活性化された
という報告があるとのこと。

 

園芸療法をもう少し掘り下げます

東京農業大学の浅野房代博士に話を聞くと
ガーデニングは、認知症、うつ、糖尿病、骨粗しょう症
そういうものに有効であると言われている。

 

園芸療法と呼ばれていて、アメリカや北欧発祥と
言われています、2008年に日本では日本園芸学会が
創設されました。

 

老人ホームへ移動、園芸療法士の方がいて
園芸の他にも医療の知識にも精通しています。

 

ガーデニングで驚くべき効果を発揮していて
ガーデニングを行おうと車いすで会場に来たら
帰りは歩いて帰るという驚愕の出来事や
手が動きづらい人が、少しずつ手を動かせるようになった。
という事もあったそうです。

 

植物の世話、ガーデニングの楽しさで夢中になる
これだけで脳はきちんと反応してくれる
まだまだ不思議な力があるんでしょうね、脳には。

 

更に血液が健康に、ダイエットにも!?

石川県金沢市にある金沢クリニック
そこでは畑を借りていて8000平方メートルの広さ
そこで土を触っている人たちが。

 

土づくりと大豆の種まきをしていました
ここにいる人たちは、人間ドックで検査入院を
している方たちなのです。

 

人間ドックの合間に園芸療法を行っているのか?
森岡先生に話を伺うと
園芸療法が生活習慣病の予防に良いとのこと。

 

ここで園芸療法を学び、自宅へ戻ってもやってもらい
生活習慣病を予防してほしいと思い行っているようです。

 

金沢大学との共同研究でも、平均年齢64歳の
糖尿病患者7名に園芸療法を6か月間12回行って
もらうと、空腹時血糖は下がり、ダイエット
中性脂肪も減少傾向にあり、LH比の改善
等が起こったそうです、これは凄いですね。

 

どうしてこのような効果が得られたのか?
運動量がカギで、ガーデニングをすることで
10分間の腕立てや腹筋と同等の運動量を
ガーデニング10分で得られるそうです。

 

次に好きな花を1つ選んでくるという事をしました
これだけでも、花を選ぶのに迷うので
歩数が自然に増えていきます、そして選んで来たら
生け花をして、どのように選んだ花を
良く見せようか考える事にもなります。
これはいいですよね。

 

ガーデニングをどうやって生活に取り入れるか?

ガーデニング健康法というものですが、庭や
ベランダが出来ないと思っているでしょうけど
実はどこでだって出来るんです。

 

植物は種から育てる、一から育てるので
愛着もわいてきて、幸せホルモンである
オキシトシンが出てくるそうです、これは
免疫力もアップする期待があります。
なので、最初は小さな花の種を植えてもいいです。

 

その際両手をしっかりと使いましょう
しっかり使う事で、認知症の予防につながる
握力を維持しておくことが大切で
手を握る運動と脳の活性は密接に関係してるためです。

 

道具もしっかり使いましょう、手先を使うことも
また重要で、これでも認知症の予防に効果があります。
枯葉を手でちぎるのではなく、はさみで切るなど。

 

そして作業は朝に行うのがいい、太陽を浴びると
夜は寝やすい、体内時計をきっちり動かすためです。

 

更に、植物をいつでも見られる場所におく
生活の中で自分の目に入るところに置くと
成長を感じられます、世話をする意識が芽生え
楽しみながら続けられるそうです。

 

最後のポイントは育てやすい植物から始める
浅野博士がおススメなのは、ベビーリーフ
20日で収穫が出来るそうです。
これだと達成感も得やすいですよね。
慣れてきたらキュウリや、トマトにチャレンジ
してみましょう。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?