ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

世界一受けたい授業、紫外線対策に人参を入れた野菜ジュースを飲もう!

Pocket

2016年5月7日放送の世界一受けたい授業
今回は紫外線対策について。
5月は真夏並みの紫外線が降り注ぐといいます。
どのような対策を取ればいいのでしょう。
東海大学の佐々木政子先生が講義してくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

5月だからと言って侮るなかれ!

紫外線にはUV-AとUV-Bというのがあります。
UV-Aは肌の奥まで届き、コラーゲンにダメージを
与えます
、太陽から降り注ぐのは5月が一番多い。

 

UV-Bは肌の奥までは届かないが、表面に
ダメージを与える特徴
があります。

 

・日焼けしやすいのは、男性か女性か?
答えは男性、理由って解明されていないのですが
男性が多いとのこと。

 

日本人は肌タイプが三つあります。
・すぐ赤くなりわずかに黒くなる
・赤くなった後いつも黒くなる
・あまり赤くならずすぐ黒くなる

日本人で多いのは2つ目のタイプです。

 

一番紫外線の悪影響を受けやすいタイプは
すぐ赤くなりわずかに黒くなる、というのが
一番悪影響があると言われている。

 

次に、20代と60代ではどちらが日焼けしやすいか?
答えは60代、表皮が薄くなっていて
紫外線の影響が受けやすい。
日焼けをし続けている人は別だそうです。

 

では紫外線対策はどのようにすればいいのか?

まず天気のいい日に日傘をさして歩くと
どうなるか?すると紫外線を95%もカットできました。

 

次は地面からどれくらい紫外線が反射しているか?
これは、ほとんど気にしなくてもいいレベルでした。

 

UV-Bは服の生地で肌を守るのに差が出るそうです。
どんな生地がいいのか?それはポリエステルの生地の服。
紫外線を通さないようです。
ポリエステル分子が紫外線を吸収するとのこと。

 

色もあまり関係ありませんが、黒は熱をため込むので
夏場は白の方がいいようです。

 

シミは表面上に出ているのもそうですが、皮膚の下にある
隠れジミも気にしないといけない。
皮膚の上に出ている何倍も皮膚の下にある。

 

隠れジミを減らすには野菜ジュースを飲もう!

だけど欠かせない野菜があります、それはにんじん。
βカロテンが新陳代謝をよくし、隠れシミを減らすようです。
そのままにんじんを食べるより、ジュースにする方が吸収率が良い

 

日を浴びるというのは悪いことではありません。
UV-Bを肌に取り込むとビタミンDを合成してくれる
ビタミンDは骨を強くしてくれる作用がある。
だけど時間帯に気を付けないといけない。

 

紫外線の弱い時間帯、午前10時から午後3時までは
紫外線が強いので、その時間をさけましょう。
適した時間は朝や夕方ですね
手のひらを上にしてじっとしたりして日の光を浴びましょう。

 

理由は、手のひらにはメラニンがほぼないため。
シミを気にすることなく日光を浴びる事が出来る。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?