ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

ガッテン、尿トラブルには骨盤底筋を使いお尻の穴を締めたら膀胱が緩み改善に期待!?

Pocket

2016年10月19日放送のガッテン、今回は
おしっこトラブル全部解決の5秒ワザ!
残尿感や尿漏れ、トイレが近いなどなど
尿トラブルって本当に困りますよね?
それが5秒ワザで解決というのですから
尿トラブルで悩んでいる人は必見ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

頻尿、尿漏れ、残尿感・・・全て膀胱がカギを握る!

人の健康な膀胱って伸縮性があり、最大で
500mlは貯められるそうです。
しかし膀胱の調子が悪い、三大不快尿を患っている
人たちの膀胱って硬くなっているのです。

 

まずなぜ不快な尿トラブルって起こるのか?
硬くて伸びにくくなり、頻尿となってしまうためです
もちろん尿の勢いもない、膀胱も縮まないので
この硬い膀胱というのを何とかしないといけない。

 

おしっこの悩みが消えた人たちがいるのですが
話を伺うため北海道旭川市へ。

 

公民館のような所で運動をしていました
筋肉ちょきんクラブという体操教室をしていて
これは介護予防のために行われていたんです
すると、ある変化が起こっていた。

 

なんとこの運動をした人たちの9割の方が尿トラブルが
改善された
という報告があったのです
これにはお医者さんも驚いていました。

 

ある女性が4年前頻尿で悩まされていました
どこへ行くのもまずトイレを探すように
次第に外出の回数が減っていきました。

 

そんな女性も運動のおかげで尿トラブルが
改善されたのです、体に何が起こったのでしょうか?

 

膀胱に効果のある体操とは?

とても簡単で、お尻を閉めたり緩めたりする
5秒間肛門を締める、これを3回行う
これで骨盤底筋が使われている。

 

たったこれだけで膀胱が柔らかくなってくる
硬くなっている膀胱の血流が改善されていく
つまり硬い膀胱=血流不足だったという事なのです。

 

血流は酸素も運んでくれて、筋肉の柔軟性を
持たせるためには酸素は必要不可欠なので。

 

膀胱は血流の変化を受けやすいので、なので
お腹の所にカイロを置くだけでも軽い不快尿を
改善していく事もあるそうです。

 

早い人なら4週間でよくなり、3か月でかなりの方が
改善されるとのこと。

 

おしっこの長さで膀胱の状態がわかる?

哺乳類動物の膀胱や尿道を調べると、体重が重い動物は
尿道も膀胱も大きいという事がわかりました
どの哺乳類の動物も、平均21秒で排尿されるそうです。

 

さて人間はどうでしょうか?
20.15秒でした、男女の差があり加齢に伴い
どちらも排尿の秒数は上がっていきます。

 

男性が+10秒以上、女性は+5秒以上で膀胱が
縮みにくい、逆に平均よりも早く終われば
今度は我慢が出来ないので、頻尿の可能性がある。

 

若い人も尿トラブルに悩まされる、36歳の男性は
10分に1度は頻尿に襲われていたそうです。

 

だけどあることをしたら頻尿が治ったのですが
一体何をしたのか?
それは我慢する事、それだけでトイレ近い・・・という
状況を脱出することができたのです。

 

ポイントは膀胱にある尿センサーで、膀胱が半分くらい
溜まってくるとそろそろトイレというサインを出す
尿トラブルで悩む男性の場合は、半分位たまったところで
いつもトイレに行っていた
なので尿センサーは男性は半分くらいでいつもトイレに行ってるから
ここが限界なんだな、って勘違いしていたのです。

 

この尿意を我慢する事で尿センサーが段々と
正常に働きだして、膀胱に尿が溜まっていくので
トイレが近くなくなっていくのです。

 

自宅で行うようにし
少しずつ我慢の時間を伸ばしたり、2時間おきに
トイレへ行くという事を意識したり
工夫してやってみましょう。

 

男のちょい漏れ一発撃退!

そもそも男性は排尿をし終わった後に、あれ?でた・・
っていうことがあります、これ排尿後滴下呼ばれている。
どうしてなっているのかというと、硬い膀胱で排尿の勢いが
なくなり、尿道にたまってしまうためなのです。

 

これを解決スイッチがあり、肛門と精巣、つまりきんたまの
間にある会陰部と呼ばれる部分を押すと
残ったおしっこを押し出すことができるのです。
気になっている人はぜひやってみましょう。

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?