ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、鮭を食べビタミンDを補うと、認知症と足腰の衰えを防げる理由

Pocket

2017年5月16日放送のたけしの家庭の医学2時間SP
今回は老化ストップ法というテーマです
認知症や筋肉の衰えをストップする栄養素や
高血糖ストップ遺伝子など、気になる内容ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

今年の3月に最新の平均寿命が発表された

・男性は80.8歳
・女性は87歳

しかし健康寿命なんですが・・・
・男性は71歳
・女性は74歳

という事になっており、10歳以上も離れている。
この健康寿命と平均寿命を縮めるには、認知症や足腰の衰えを
防いでいく必要があります。

 

認知機能と足腰の衰えを一挙に防ぐ栄養素がある!?

2つの機能の低下予防にある栄養素が大きく
関わっていることが最新の研究でわかってきた。

 

・特にアルツハイマー病の発症と深く関係していた
・その栄養素の血中濃度が高い高齢者は
 筋肉が強く転倒が少ないという事がわかった

という論文の報告があるくらいです。

 

その栄養素・・・ビタミンDなのです
これは骨を丈夫にする栄養素
昔は肝油でビタミンDを補っていた。

 

太陽光でも肌で合成をされるのですが
食べ物から摂取する方が重要
日本抗加齢医学会の理事、太田博明先生が
ビタミンDについて解説してくれます。

 

ビタミンDは4番目に発見されたビタミン、骨の健康に
欠かせない栄養素ですが、近年の研究で様々な
作用があることがわかってきた。

 

ビタミンDを多く含む食材は
・アンキモ
・きくらげ
・干しシイタケ
・まいたけ
・しらす干し

等に多く含まれている。

 

体内のビタミンD量が多い人は認知機能と足腰が
どのようになっているのかを検証。

 

60代から70代前半の男女9名の方たちに
集まってもらい認知機能と足腰の力を調べます。

 

認知機能を調べるため、歴代の総理大臣の写真をみて
名前を20名答えられるか、というものをやりました
より多く答えられた人はビタミンD量が多いか?

 

そしたら、正解数が多い人は体内の
ビタミンD量が多かった
、という事がわかった
比例していたという事ですね。

 

足腰の筋力も同様で、2ステップテストでいい成績を
残した人は体内ビタミンD量は多かったのです。

 

ビタミンDは衰えた細胞を修復してくれる
細胞は60兆個ありますが
加齢などで細胞は傷ついてしまう
これをビタミンDは修復してくれる、更に
周りの細胞も保護してくれるのです。

 

体内のビタミンD量を増やすには?

健康効果が期待できる体内のビタミン量は
30ng/ml以上
といわれている。

 

ビタミンDたっぷりタウンを徹底調査
その地域は新潟県の村上市、人口およそ6万人
村上市の名物は瀬波温泉です。

 

更に地元の名産品は村上牛、ですがビタミンDは
含まれておりません、更に村上茶というのもある
これにもビタミンDは含まれていない。

 

では何がこの町のビタミンD濃度を高めているのか?
駅のホームを歩いていると、なぜか鮭が吊られていた
ですがこれは謎のまま・・・

 

しかし街中では鮭に関係するものをたくさん見かけた
というのも、鮭も村上市の名産の1つなのです。

 

実は村上市、鮭の増殖事業に日本で
初めて成功した街なのです。

 

街の子供たちはよく鮭を食べているそうです
ビタミンDを多く摂取できるのは鮭で間違いなさそう。

 

そこで村上市の人たちの血中のビタミンD量を
調べさせてもらうと・・・
34名中7名が平均よりも多かった
これは一般的な調査の約30倍の割合だそうです。

 

では認知機能と足腰はどうなのか?
79歳の女性に協力をしてもらい、先ほどと同じ
テストをしてもらうと、総理大臣の名前は
20名中19名応えられて、2ステップテストでは
足腰の筋力年齢は60代と出ました。

 

どのような食生活なのでしょうか?

まず塩引き鮭を使います、そして鮭用のまな板で
鮭を切っていく、そして尻尾と中骨をグリルへ
焼きあがったら身の部分を削いでいき、包丁で
細かく刻むと鮭のふりかけが完成
剥いだ皮もカリカリに焼いて皮せんべいとして食べる。

 

ハラスの部分と残った中骨は、水で戻し
圧力なべで煮込む、これで骨も食べられます。

 

そして食べ方にも秘密があります
それは皮ごと綺麗に食べる事です。

 

そしていくらも食べます、鮭の身以上にビタミンDが豊富
いくらが好きな私にはたまりません
普段からいつも食べられるのが羨ましいです。

 

先ほど皮ごと食べる、という事がありましたが
ビタミンDが多く含まれているのは皮の部分なのです
残してしまうともったいないですね。

 

ビタミンDはがん細胞を死滅させる?

ある研究施設では乳がん細胞にビタミンDを投与した1時間後には
がん細胞内にビタミンDが侵入し死滅させた
96時間後には、ほとんどのがん細胞を死滅させることが出来たのです

現在はマウスで実験した細胞レベルですが
いずれは人に使える事にも期待されている。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?