ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、オステオポンチンの量が多いのは内臓脂肪が原因?減らす可能性がある3つの方法

Pocket

2017年7月11日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
4つの特集を記していきます
最後は老化を進める悪玉物質について。

 

 

スポンサードリンク

 

老化を進めるスピードを遅らせることができるのか?

街の人に話を聞くと、食事に気を付けたり
エスカレーターを使わないで階段を使用したり
などして老化と戦っています。

 

老化をあきらめている人もいますが、近い将来
この老化とおさらばできる可能性がある。

 

慶應義塾大学の佐野元昭先生の話では
しわやシミ、動脈硬化、ガン、認知症
骨粗しょう症を将来制御することが可能
そして老化も抑制してくれる
というのです。

 

しかしこの研究は始まったばかりなので
まだまだわからないことが多いとのこと。

 

老化のカギを握る悪玉物質の正体、それはオステオポンチン

オステオポンチンというのは、骨を作ったり
外部から侵入する細菌を死滅するのに
必要なたんぱく質の一種
これが過剰に分泌されると
全身に炎症を起こす
と言われている。

 

オステオポンチンによる炎症は
目に見えないもので誰にもでもあると言われ
そして気づかないうちに治る事なく少しずつ蓄積されていく

とっても厄介なものですね。

 

このオステオポンチンが少ない人がいる
それは百寿者と呼ばれる超高齢者の人です。

 

百寿者の人たちは、体内の炎症レベルが少ない
つまりオステオポンチンの量は少ない

考えられているのです。

 

オステオポンチンが少ない人と多い人の違いは?

何が違うのでしょうか?オステオポンチンが多い人は
運動やストレスが関係しているのかな~と
話したりしていたが、それはオステオポンチンが
少ない人にもあること。

 

それでも4名の中には2名の方が
オステオポンチンが少ない人だったのです。

 

その謎を解くカギは体のあの部分にあった
それはどこかというと、免疫細胞の状態だったのです。

 

免疫細胞とオステオポンチンの量との関係は?内臓脂肪が大きく関係

免疫細胞が夏バテなどでばててしまい
異常をきたすのではなく、免疫細胞そのものが異常をきたし
暴走をしてしまうと佐野先生は話す。

 

こうなるとオステオポンチンが出てきて炎症を起こす
身体のいたるところで免疫細胞が暴走すると
そこら中でオステオポンチンが分泌されてしまい
体のあちこちで炎症を起こし老化を進めていく

 

免疫細胞が異常をきたす理由として考えられるのは
内臓脂肪の量が多い人ほど
オステオポンチンの量も多い

といわれているのです、しかしまだメカニズムは
詳しくわかっていません。

 

とても厄介な事なのですが・・・
肥満からダイエットをして
内臓脂肪を減らしてもオステオポンチンの量は減らない

といいます。

 

そこでオステオポンチンをどうにかして減らす方法は
ないのか?今現在わかっていて、研究結果も
殆ど無い中でこの3つ方法は、免疫細胞の異常を
抑制することができて、その結果オステオポンチンを
減少させることが出来るのではないか?

という事を紹介。

 

オステオポンチンの量を減少させる可能性がある3つの方法

・油
動物性油からオリーブオイルなどの
不飽和脂肪酸の多く含まれる油に変えていく

・ストレス
出来るだけ溜めないようにしていく
(実際にはこれが一番難しいかも)

・腸内細菌
発酵食品などを積極的に摂取していく
腸内細菌のバランスを整えるため。

 

この3つを実践していけば、免疫細胞の状態が
改善されてオステオポンチンの量が
減っていく可能性があると言われている、研究を重ねることで
また新しい結果が出てくるかもしれないので今後も注目です。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?