夏が本格的になる前に体型をどうにかしたい!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・今後ダイエットの新常識となるかもしれない方法

夏本番前に友達よりちょっと差をつけるダイエット法

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・最近話題のエクオールの効果とは?

エクオールは女性が得をする効果あり?

家庭の医学、医療費を損しない方法はどうすればいい?

Pocket

2017年6月6日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
最後の特集は医療費に関する最新情報について
歳を重ねると、病院に行く回数も多くなっていく
もちろんその分費用もかさんできます
お得に医療を受けられる方法ってないんでしょうかね?

 

 

スポンサードリンク

 

1300万円もかかるの!?

70歳以降にかかる1人あたりの医療費の平均は
なんと、約1300万円もかかるんだそうです
田舎だとお家が買える費用ですね。

 

しかし健康保険や国民健康保険に加入していれば
費用はぐっと抑えられます、だいたい157万円です
年間1300万円だと思うのですがね、テレビでは
年間表示もしていなかったので。

 

そして国民健康保険が値上げしたのをご存知でしょうか?
行われたのは今年の4月から、75歳以上の高齢者の一部の人が
月々支払う健康保険料が、月々380円払えばいいだけ
だったのが、3倍の1130円となったのです。

 

医療費を無駄遣いしないための対策法

・医療費 損チェック その1 診療時間
問題です、あなたならどのタイミングで病院へ行く?
女性二人とも風邪を引いていたのですが、1人はすぐに
病院へ行き、もうひとりは一晩様子を見て翌日
病院へ行くという選択です。

 

時間は、金曜日午後7時と土曜日の朝9時に受診
損をしたのは、実は金曜午後7時に病院へ行った女性。

 

どうして損をしたのかというと、初診料という名目で
夜間・早朝等加算という料金が加わっているのです
土曜日に行った女性は、それが加算されていなかった。

 

・平日は午前8時から18時まで
・土曜日は午前8時から12時まで

この時間帯が通常料金です、それ以外は全て
追加料金を取られることとなります。

 

医療費 損チェック その2 薬局の選び方

ある2人の女性が薬局へいこうとしています
・1人は病院の近くにある混雑した薬局
・もう一人はいつも空いている薬局

損をしているのは、空いている薬局の人だったのです。

 

どうして病院に近い薬局は若干安いのか?
ポイントは調剤基本料で、一般的な料金は120円だが
条件次第で調剤基本料が下がる
のです、その条件は
「1ヶ月の処方せん数が4千回以上で、1つの
医療機関からの処方せんが70%以上、など」
これらがあると、調剤基本料が80円となる

 

混んでいても気長に待つ余裕があれば出費を若干抑えられる
しかし、空いている薬局でも40円引きの
優遇を受けられる方法があるのです。

 

その方法はお薬手帳を持っていくことです
2回目以降は40円安くなるとのこと。

 

また、同じ塗り薬を処方された場合ではあるが
同じ薬局に空の容器を持ち込むと、2回目以降
30円から50円引いてくれます。

 

医療費 損チェック その3 病院選び

健康診断で高血圧と診断された、AさんとBさん
・Aさんが選んだ病院は気軽に行ける駅前のクリニック
・Bさんは選んだ病院は隣町の総合病院

どちらのほうが費用が多かったのかというと
Bさんだったのです
近所のクリニックの8倍の値段がかかった!

 

どうしてこんなに高額になったのか?
費用明細を見てみると
クリニックに行ったAさんになかった項目が
Bさんにはあったのです、それはなにかというと
「初診時選定医療費」
というものだったのです。

 

初診時選定医療費というのは、大病院に
患者を集中させないための料金制度です。

 

大病院に患者が集中すると、大切な治療を
必要としている人にきちんとした医療が
提供できない、これを防ぐためです。

 

初診時選定医療費の基準ですが、これは
・500床以上/特定機能病院 5000円以上
・200床以上 金額は各病院が設定
・200床未満 0円

というふうになっている。

 

ただし、紹介状を持っていけば上記の基準関係なく
5000円は必要ありません、因みに紹介状は750円です。

 

医療費 損チェック その4 入院

膝関節症の手術のため、2週間入院する予定のAさんとBさん
・Aさんは1日でも早く入院できる月またぎの日程を選んだ
・Bさんは仕事を優先し来月からの入院

どちらかが思わぬ損をした、それはAさんでした
Bさんと比べて倍近く違ったのです。

 

どうしてこれだけの費用がかかったのか?
2人の医療費は同額です、そして手術は高額なので
高額医療費制度が適用される
そこで重要なポイントは入院するタイミングなのです。

 

「高額医療費制度は1ヶ月しか適用されない」
なので、月をまたいで入院したAさんは
2ヶ月分高額療養費制度を利用しましたので
金額はBさんと比べ倍になってしまった
入院した期間で支払うわけではないのですね。

 

Bさんのように付きをまたがずに入院すると
高額療養費制度を利用するのは1度のみで済む
入院するときも、月をまたがないようしたいものです。

 

高額な医療費がかかる糖尿病

予備軍まで入れると2050万人も患っている糖尿病
他人事ではない病気ですね、食生活や運動に
気をつけないといけません。

 

糖尿病を患っている人にアンケートを取ると
やはり治療費には多額の費用がかかっているとのこと。

 

糖尿病の医療費が膨らんでしまう仕組み

症例の紹介、52歳の女性
週3回事務員として働き、スイーツがとても大好き
そんなある日のこと、血糖値が基準値を超えたため
再検査を受けることに。

 

HbA1c(ヘモグロビンa1c)の値が7となっていて
糖尿病を患っているということがわかった
しかし投薬治療から始めるのではなくて
まずは運動や食事制限をして1ヶ月毎に受診となる
医療費は2360円でした。

 

これが毎月かかるということになります
女性は毎日30分のウォーキング、野菜中心のメニューに
切り替えて行きましたが・・・
糖尿病の落とし穴に、女性はハマってしまうのです。

 

それは・・・診断から2ヶ月後一向に症状は現れない
そして我慢ができず、大好きなスイーツを食べてしまった。
これが8割超の人を陥った
「糖尿病の症状がないため、生活習慣の
 改善が長続きしない」

というものです。

 

それからはキチンと守っていた、食事や運動を
サボっていくようになっていった
こうして糖尿病治療はステージを上げることに
半年後の検査では、ヘモグロビンA1cが7から
7.8へとアップ
したので、投薬治療が適用される
診察代などの医療費2960円に加え
薬局での医療費2800円となります、総額5760円となる。

 

毎月この金額を支払っていくことになります
流石にまずいと思い、薬を真面目に飲んでいった

 

ですがここでも、第2の落とし穴があるのです
第2の落とし穴には42%もの人がハマる
それはどういうことなのか?

 

「薬さえ飲めば悪化を防ぐと勘違いし
 生活習慣は改められなかった」

薬の効果を過信し生活が甘くなっていった

 

女性は更に第3の落とし穴にハマっていく・・・
それは朝、仕事へ遅刻しそうになった時
薬を飲まずに仕事へ行った、それからというもの
薬を飲まない日が少しずつ増えていった
これは糖尿病患者47%に当てはまる落とし穴
「薬をちゃんと毎日飲めていない」

 

そして糖尿病治療のステージは3へと上がります
女性は糖尿病の発症から2年がたちました
その頃には、糖尿病が引き金となり
高血圧症と脂質異常症を発症していました
この状態が糖尿病のステージ3です。

 

薬ももちろん追加されてしまいます、医療費は
診察代2960円ですが、薬局の医療費は7000円にアップ
毎月9960円を支払うことに。

 

こうして12年の時が流れ、医療費の総額は131万円となった
更に恐ろしいのがステージ4となったときです
この頃には
・失明
・人工透析
・足の壊疽

なども引き起こす可能性が出てくる、そして
どの病を発症しても高額な医療費がかかってしまう。

 

そして・・・女性は朝から軽い頭痛に悩まされていた
買い物へいこうとしたら、突然気を失った
病名は脳梗塞でした。

 

緊急手術をして一命はとりとめたが、医療費は総額
14万円、右手に軽い麻痺が残りリハビリによる
治療費が必要となった、そしてこうなった状態での
医療費が毎月どれだけかかるのかというと
合計で16010円となります、これはもう高額ですね。

 

糖尿病患者の89%が
「糖尿病を発症する前に、生活環境に
 もっと気をつけていればよかった」

という発言をしています、もう遅いのですがね。

 

糖尿病にならないためには、毎日の生活習慣に
気をつける必要があります、大切なポイントとして
・毎日30分程度の運動習慣
・腹八分目

ということを心がけていきましょう。

 

ガンも高額な医療費がかかる、ですが耳寄りな情報が!

そのキーワードはオプジーボです
最新のガンの治療薬ですが、以前は年間3500万円も
かかる薬だったが、政府が高すぎるといい
半額になった経緯がある薬です。

 

その作用というのは
体内の免疫機能を活性化させる、とのことなのです
そのため副作用は少ない、元々は皮膚がんの薬として適用
現在は肺がんにも保険適用され、今後は
胃がん、腎細胞がん、乳がんなどへの効果も期待されている

 

しかし高額医療費制度を利用しても年間で100万円となる
そうならないためにも、定期検診を受けることが重要です。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?