風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

腰痛予防改善に脳のリハビリ、お腹へこませ体操におへそ体操、パピーポジションをしよう

Pocket

2017年1月10日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
今回はタイプ別のカラダ検診と解消法の特集です
最後は腰痛のセルフチェックと改善法。

 

 

スポンサードリンク

 

日本人に多い腰痛とは?

福島県立医科大学の大谷教授が腰痛について教えてくれます
自分の腰痛の位置がどのような位置にあるのか?
症状がどういうものか?
という事を理解していて欲しいとおっしゃっています

 

腰痛って症状は人によって千差万別ですからね
自分の腰痛のタイプを知ったり、痛みが
どのステージにあるかを把握する、これだけ
わかっているだけで治療もスムーズに行える
日本人には3つのタイプの腰痛が多いそうです。

 

1 腰部脊柱管狭窄症タイプ

症例の紹介、63歳の女性、腰痛に悩まされていました
朝起きて腰の辺りがこわばって重だるい
ズシーンとした鈍い痛みがあったのです、この状態が
まずこのタイプの腰痛のステージ1の状態。

 

朝起きたばかりの時は気になっていたが、朝食の
準備を始めるといつの間にか治まりました。

 

それ以降は、寝起きだけではなく椅子から立ち上がる時
身体を動かそうとするときに、重だるい痛みが
出るようになりました、そして最初の異変から6年後に
更に状態が悪くなっていました。

 

身体を若干後ろに反らしたときに、ずきっとする
鋭い痛みが走った
のです、このタイプの腰痛のステージ2の状態。

 

しかし座って数秒休むと痛みは治まりました
なのでそれほど気にかけません、しかし痛みは
様々な状況で出るようになりました、しかも
足にまで鋭いしびれと痛みが出るように。

 

更に半年後、歩いているだけなのに腰痛と脚のしびれを
感じてしまったのです、しかし数十秒で
痛みは治まった、それ以降は日増しに痛みが激しくなり
動けなくなってしまいました、こうなると病院へいかないといけない。

 

これは腰部脊柱管狭窄症の典型的症状です
原因が特定できる腰痛の3分の1を占めます
患者さんの年齢も60代以上が多い。

 

ではどのように気を付ければいいのか?
まず最初のステージ1の状況の場合、加齢で筋肉や関節、じん帯の弾力が
落ちてしまい、動きが硬くなるために重だるい痛みが出る。
予防法としては関節や周りの筋肉をストレッチする
これが最善だそうです。

 

椅子に座ってやる方法もあります
椅子に座り足肩幅に開いたらお辞儀をする
腰の辺りがつっぱるのを感じながら5秒キープ
力を抜いてまっすぐ座る、次に頭の後ろに手を組み
身体全体を後ろに下げる、お腹を少し伸びるのを
感じながら5秒キープ、力を抜いてまっすぐにする
身体を左右にひねるのも、身体を少し左側にひねり
5秒キープ、右側も同様におこなう。

 

毎日3回ずつ繰り返すことで、柔らかい関節や筋肉が
維持できることに期待が持てる。

 

次にステージ2、体を反らしたときに痛みが出る場合
これは関節やじん帯が圧迫されてしまうために
ズキっと痛みが出てしまう

 

おへそ体操という運動をします、やり方は
仰向けに寝てひざを軽く曲げ、太ももに手を置く
おへそをのぞくようにゆっくり頭を持ち上げる
この姿勢を5秒キープ、次に両手を体の脇に伸ばし
お尻を上げて5秒間キープ、これを繰り返すだけ。
1日1セットを10回から30回行いましょう。

 

2 腰椎椎間板ヘルニアタイプ

症例の紹介、47歳女性
最初の異変はパート先での事、箱を持ち上げようとした時
腰にずきっとした激痛がはしりました
、これがこのタイプの腰痛ステージ1の症状
その後は10分ほどで少し動けるように。

 

更なる異変は食器を取り出そうと前かがみになった瞬間
同じような腰に響くようなずきっとした痛みが・・・

このタイプの腰痛ステージ2の症状
更に足にもびりびりとしたしびれと痛み、しかも片足だけに
しばらく休むと痛みは治まりました。

 

それ以降は前かがみになるたびに痛みに悩まされる事に
最初の異変から半年後に決定的な出来事が・・・
階段をあがろうとした時に、足を一歩あげるだけで
痛みとしびれが出たのです、そこから動けなくなってしまった
こうなると病院へ行かないとどうにもならない。

 

この原因は腰椎椎間板ヘルニア
このタイプの腰痛も原因がわかる腰痛の3分の1を占める
対処法のポイントですが

 

最初のステージ1、重いものを持ち上げる時に出た腰痛の時
この時には椎間板に亀裂が入ったそうです
椎間板の中身が亀裂に入り、炎症を起こしていた。

 

この予防法はお腹へこませ体操
一度亀裂の入った椎間板は元に戻ることはないので
筋肉で補強をするしかない

 

やり方は
椅子に座り姿勢を正しリラックスする
お腹に力を入れてへこませる、お腹の横に手を当て
腹筋に力を入れる、手に腹筋に力を入れた状態を感じ
5秒キープしましょう、1日10回行う。

 

次のステージ2、前かがみになった時に起きた腰痛と片脚のしびれの時
これは椎間板が神経に触れてしまったため起こったのです。

 

座った時に痛みが引いたのは神経に椎間板が
触れていなかったためです、では対処法ですが
パピーポジションというもの、背骨を反らすストレッチです。

 

やり方は
腕を曲げてうつぶせに寝る、ゆっくりと上体を起こす
両腕が垂直になるように
1分間その姿勢をキープします、その後楽な姿勢に戻す
1日2回以上行いましょう。

 

3 原因がわからない腰痛タイプ

原因がわからない腰痛というのがあります、実際85%は
原因が特定できない
と言われている
難治性腰痛とも言われています。

 

難治性の腰痛の治療法が近年わかってきたそうです
最新の研究を行ってきた結果ですね。

 

なんと腰ではなくて、脳に問題があるといいます
脳の機能低下によって血流が悪くなって
腰痛が出てくると言われている。

 

脳のリハビリという治療法なのですが、現在治療を受けている
70歳女性がどういう事をしているのか特集
原因不明の腰痛に悩まされて6年も経ちます。

 

数分間座っているだけでも、腰に痛みとしびれが増していく
痛みが増すたびに横になるしかなく日々の生活をしている。

 

そこで大谷先生の治療をしてもらうため、3週間の入院
プログラムを行う事に、最初に20もの検査を行っていき
原因は、骨か神経か、筋肉か脳か?という事を調べる
結果は何らかの原因はないという事がわかったので
脳である可能性が高いと大谷先生は判断。

 

我々の脳には痛みが出てくると、痛みを抑える物質を出してくれる
しかしこれがストレスなどで分泌が減少してしまい
痛みを抑えられなくなっているのです。

 

こうなってしまうと、普段なら感じない小さな刺激なども
痛みとして過敏に反応してしまうのです。

 

治療法は2つあり
1 心理療法
2 運動療法

まずは心身治療科へ。

 

女性の場合何がストレスになっている原因を調べていく
するとご主人のお話をしました、9年前に他界しています
とても優しい主人だったそうです。

 

末期のガンで7年もの闘病をしていた、その時
まだまだできることがあったのではないか?という考えが
出てきてしまうそうです、この悔いがずっと残っていて
ストレスとなっていったのです。

 

このストレスを具体化していく事で現実を少しずつ
理解していくという事が重要、きっと時間がかかると思いますが。

 

次に運動療法ですが、座ると痛みが増してしまうという恐怖心が
女性は抜けていません、まず最初にバランスボールを使い運動
座ると痛みが出るという恐怖心を拭い去るためにバランスボールを使う
これならできるという自信、達成感が脳の機能にいい影響を与えてくれる。

 

8日後には変化が出てきました、座って行うペダルこぎをしたのですが
座布団を敷いて運動をしていましたが、腰の痛みは出ませんでした。

 

次にエクササイズバイクを使って運動をすることに
女性は嫌がることなく積極的に行いました、順調にこぎだして
10分間もエクササイズバイクをこぐことが出来ました。

 

また問診票を入院前と退院前日に記入してもらい
それを見比べて、痛みの度合いの変化を知ってもらう
これだけでも目に見えてよくなっているのがわかるので
大きな自信となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?