新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、食後高脂血症で動脈硬化は更に進行する!改善ポイントは2つある

Pocket

2016年7月12日放送のたけしの家庭の医学
今回は3時間SP、特集はいくつかありますので
テーマに分けて紹介、最初は動脈硬化の新常識。
私の記事に動脈硬化についてまとめたものが
ありますので、よろしければ合わせてご覧ください。
動脈硬化についてより詳しく

 

 

スポンサードリンク

 

動脈硬化のクイズ

・第1問 動脈硬化になりやすいのはどっち?
揚げ物が好きなAさん、肉の脂身が好きなBさん
答えはBの肉の脂身が好きな方

 

理由は脂の種類に秘密が隠されています。
肉の脂身に含まれているのは動物性脂肪、これが
体に入った時、肝臓である物質に変化しやすい
それが中性脂肪です。

 

これは私たちが生きていく上で大切なエネルギー源。
中性脂肪が体中に運ばれるとき、悪玉コレステロールも
一緒に含まれて全身へ運ばれる。
イメージとしては、中性脂肪はカプセルのような容器に包まれ
そこへ中性脂肪が入っている。

 

しかし動物性脂肪が増え、中性脂肪も増えると
問題が起こります、中性脂肪の量が増えるために
一緒に運ばれることになる悪玉コレステロールが小さく変化し
血管の内膜の壁に入り込みやすくなる、これが動脈硬化の原因。

 

しかし中性脂肪を増加させるのは
動物性脂肪だけではないんです・・・

 

・第2問 食べ過ぎると中性脂肪を増やすのは?
Aがそば、Bがうどん、答えはBのうどんです。

 

糖質も中性脂肪を増やしてしまうのです、しかし
そばも炭水化物=糖質が含まれていますよね?
違いは何かというと、うどんの糖質は小腸で
吸収されるスピードが速いためです。

 

・第3問 プラークが破裂しやすい行動とは?
Aビールを飲んでのどを潤す、Bタバコを吸いリラックス
答えはBです、理由は血管の急激な収縮があるため
炎天下から冷房の効いた部屋に入ると血管は収縮
そこでタバコを吸うと、更に血管は収縮し血管が
破裂する可能性があるのです。

 

健康診断で異常がないのに動脈硬化が進行?

どういう事でしょうか?
東京歯科大学病院の小田原雅人先生に話を聞くことに。

 

隠れた異常を持っている人がかなりの数
存在するとおっしゃいました、これは怖いですよね。
健康診断で異常なしだったのに
動脈硬化が進行しているというのは。

 

ではどうやって見つければいいのか?
これはある特殊な検査をしないとわからないそうです。
そこで、健康診断では異常なしとされた
方たちに協力してもらい、ある特殊な検査を
してもらいました。
これは健康診断ではやっていません。

 

検査は2回やってもらいまして
1回目は普通の血液検査、2回目はある事をしてから
血液検査を行う。

 

そこで注目するのが血清です、異常がないと
黄色く透き通っていて、異常がある場合は
白く濁る
ようです、この濁っているのが中性脂肪。

 

1回目の血液検査では、検査をされた方たち全員
異常なしでした、しかし2回目の
あることをしてからの血液検査をすると6名中
3名
の方が白く濁ったのです。
これは一体どうして・・・

 

2回目の2時間前にしたこと
それは食事を食べていたのです、揚げ物が多いメニュー。
食後にだけ増加する中性脂肪
これは食後高脂血症と呼ばれるもの

 

食後は誰でも中性脂肪は多いのですが
リポ蛋白リパーゼ
という酵素が中性脂肪を分解してくれます。

 

ところがこのリポ蛋白リパーゼの力が
何らかの理由で弱まると、食後に中性脂肪を
速やかに分解することが出来なくなります

 

という事は血液中に中性脂肪は余る、余った状態で
次の食事をする、そしてさらに中性脂肪が増える
そして中性脂肪は下がっていかない

という悪循環に陥る。

 

この状態では血管壁が傷つきやすく
悪玉コレステロールがプラークを作りやすくなり
動脈硬化を進行させてしまうのです。

 

血管年齢の違いも出ています、2回の血液検査で
異常がなかった方たちは血管年齢も若く
2回目の検査で中性脂肪が多かった方たちは
血管年齢が実年齢より上でした。

 

また体重の増減も関係していて、昔に比べて
太っている人は食後高脂血症を招きやすいと言われています。

 

食後高脂血症の原因とは?

内臓脂肪が関係していて、食事や運動の影響が
すぐに出やすい脂肪と言われています。
昔に比べ太った人は、内臓脂肪が多いし
食後高脂血症にもなりやすいとのこと。

 

先ほどの中性脂肪が多い3名の方たちは、内臓脂肪が
多かった事がわかりました。

 

内臓脂肪がたまっている人は、中性脂肪を
分解する力が弱まる、分解する酵素も少ない
という事。

 

食後高脂血症を改善するための方法

脂ものを控えて運動をする、ありきたりですがね。
だけどほかに簡単な方法があるんです!

 

検査で引っかかってしまった女性に協力をしてもらう事に。
ここではAさんとさせていただきます。

 

ポイントは2つ!
・水溶性の食物繊維から食べ始める
脂肪分の吸収を抑え、リポ蛋白リパーゼの活性化が期待できる!
・食後30分から1時間の間に運動
10分程度のウォーキングでもそれなりの効果がある
中性脂肪が血液に含まれるのが食後30分後と言われているので
その時に運動をすることで、中性脂肪が減少し
内臓脂肪もすぐではありませんが、続けることで減っていく。

 

Aさんには1週間実践してもらいます、
水溶性食物繊、何を食べていたのかというと
めかぶ、納豆、さつまいも、わかめ、梅干し
おくら、なめこ、ブロッコリースプラウト
のり、春菊、人参、カボチャ、フランスパン
エシャロット(水溶性食物繊維豊富なのでおすすめ)

 

食後40分後に歩いてお買い物へ行きました、あえて
1日の買い物の回数を増やして、歩くことを意識。
いつもなら1日にまとめて買い物をしていたようです。

 

1週間後に再び検査をすると、見事に血清に含まれた
中性脂肪が無くなっていました、しかもかなり
透き通っていました!これは凄いですね、1週間で。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?