風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、紫外線対策にヒートショックプロテイン?入浴法は簡単!

Pocket

2016年7月26日放送のたけしの家庭の医学
今回は熱中症と紫外線の特集。
分けて紹介していきますね、次に紫外線について。

 

 

スポンサードリンク

 


紫外線対策のページが完成しましたのでよろしければご覧ください
紫外線対策パーフェクトガイド!

紫外線がもたらす肌への影響

紫外線量はここ25年増え続けています
健康被害も世界中で報告され、医学界でも
問題視されています。

 

肌に紫外線が当たるとコラゲナーゼという物質を活性させ
コラーゲンを分解そして長年の蓄積により
しわやたるみが発生
します。

 

シミやシワだけではなくて、皮膚のガンと呼ばれる
基底細胞がんも増加傾向にあるようです。

 

肌に紫外線が当たると肌細胞のDNAに傷がついてしまいます
それが治らないまま細胞が分裂してしまうと
皮膚がんが発生してしまう
と考えられている。

 

更に紫外線はある機能を衰えさせてしまいます。
ウイルスなどから身体を守る免疫細胞
『ランゲルハンス細胞』
これに紫外線を当てると、ランゲルハンス細胞が減少し
すると免疫細胞を減少させ低下させてしまう

 

オーストラリアでは学校で日焼け止め帽子や水着用シャツも配布し
紫外線対策を行っているようです。
神戸大学の市橋正光先生は、紫外線対策は
ある程度出来ていると思いますが、落とし穴も
存在するとおっしゃっています。

 

コラーゲン密度の実験

そこで紫外線対策をしっかりしている2名の方に
協力をしてもらう事に。
58歳の女性は、日焼け止めクリームを塗り
日傘、帽子、サングラスと対策をしています。

 

もう一人の56歳女性、この方も日焼け止め
クリームを塗り、日傘や帽子を使用しています。

 

これらの紫外線対策で肌を守れているのか?
肌内部のコラーゲン密度を調べてみることに
20代の女性の場合、コラーゲンは真皮にあり
たっぷりありましたが、お二人は58歳女性は
コラーゲン密度がある程度ありましたが
56歳の女性はコラーゲン密度が少なめ。

 

同じように紫外線対策をやっていたのに
どうして光老化に差が出たのでしょうか?
そこで細かな違いを見ていくことに。
最初はお二人の家の中の過ごし方。

 

取材時は曇り時々晴れで、紫外線のレベルは中程度。
それほど強いわけではありませんね。

 

56歳の女性はまず2階の部屋で
洗濯ものを干していました、それから外へ
出して干すという事です
ベランダへ出たのは30秒ほどでした。

 

58歳の女性も同様に部屋で洗濯物を干して
いましたが、干す場所は窓ガラスとカーテンの間。
これは紫外線を少しでも避けるために
やっているそうです、そして無用な外出も
あまりしないとのこと。

 

56歳の女性も午前中庭の見える部屋で本を
読んだり、お茶をたてたりして外出を控えていました。
よく似た行動をしていましたが違いはあるのでしょうか?

 

次に行動編
58歳女性はお出かけ前に、日焼け止めクリームを
入念に塗り、サングラスをして長袖長ズボン
そして日傘をさしてお出かけ、これは暑いでしょう・・・・

 

次に56歳女性、同様にお出かけ前に
日焼け止めクリームを入念に塗り、冷凍庫から
保冷剤を取り出し、ストールの中に入れる
首を冷やすためですね。

 

更に腕を守るためにアームカバー、そして日傘
これで出掛けていきました
お二人ともしっかりとした紫外線対策ですね。

 

56歳の女性の落とし穴とは?

1日の部屋の中と行動を、先ほどの市橋先生に
見てもらうと2つの落とし穴があったようです。

 

1つ目は部屋の中の過ごし方
窓の数がポイントで、午前中は東側に太陽光が
集中します、58歳女性の場合は西側に居ました
そして午後になると、東側の部屋に戻ってきました
今度は太陽光は、西側に行きますからね。

 

56歳の女性の場合は、午前中に太陽光は
東南向きになるので、その時に中庭が見える部屋に
移動したのです、この部屋が東南向きにあったのです。
紫外線が弱いのですが、あたっています。
毎日同じ行動をとっていれば、蓄積されますからね
紫外線が弱いといっても。

 

紫外線にはAとBがあり、窓を閉めていれば紫外線Bは
遮断できるのですが、紫外線Aは入ってきます。
厄介なのが紫外線Aは浴びても赤くならないので
気づかないうちに大量に紫外線を浴びてしまう

 

もう一つのポイントは、日傘の使い方
58歳女性は、低めの位置で日傘をさし
56歳女性は日傘を高めにさしていました。

 

日傘が高いと横や下からの紫外線を防ぐことが
出来なくなってしまう
のです。

 

58歳の女性は、日傘の向ける方向も工夫されています
太陽の方向に日傘を向けているという事です。
これで紫外線を効果的に防ぐことが出来る。

 

普段から道具を使い紫外線対策をするという事は重要ですが
それでも顔などの肌を焼けさせないようにするために
トライアルセットのスキンケアを試してみるのも
いいかもしれません、本格的にがっちりとやるよりも
まずは試したい、という場合にはこれがいいかも。
40代。肌の調子に違和感。

 

少し高いですが、紫外線対策に特化したスキンケア
雪肌ドロップ

肌を守るための紫外線対策クイズ!

第1問
紫外線の強い場所といえば、海や山をイメージしますが
町中の紫外線も馬鹿には出来ない。
海岸、山頂、街中ではどこが一番紫外線が強いか?

 

答えは山頂です、高くなればなるほど空気がきれいになり
チリやホコリが少なく、紫外線も強くなるため。

 

第2問
家の中にいても油断できない紫外線
ガラスとカーテンでは、紫外線をより防ぐのは?
窓ガラスだけ閉める、レースのカーテンだけ閉める

 

答えは窓ガラスだけ閉める、紫外線強度に違いが
出ていたのですが、窓ガラスは紫外線Bを吸収
するためです、両方閉めるとさらに効果的です。

 

第3問
紫外線対策に衣服も重要となってきます。
綿と絹、ポリエステル
この3つの中で紫外線対策に効果的なのは?

 

答えはポリエステル、紫外線Bを効率よく止めてくれる
しかし通気性は悪いので、ポリエステルと綿が
混ざった素材が望ましいようです。

 

紫外線に強い肌を作るヒートショックプロテインとは?

紫外線に強い肌というのは、太陽光を浴びても赤くなりづらい
色黒の肌
のことを言います。

 

紫外線に弱いのは、太陽光を浴びるとすぐ赤くなる肌
肌のDNAが壊れている証拠で、シミやシワはもちろん
皮膚がんにもなる可能性が・・・

 

紫外線の影響を受けやすいタイプが肌を強くするために
お風呂が効果的だというのです
どういう事でしょうか?

 

国際医療福祉大学の前田眞治先生に伺うと
ヒートショックプロテインがポイントだといいます。

 

ヒートショックプロテインとは、元々体内にあるたんぱく質
これに熱刺激が加わると、増加していきます。

 

次にヒートショックプロテインの役割ですが
細菌感染などで、細胞が傷つくとヒートショックプロテインが
増加して傷を修復してくれます

 

現在の研究では、ヒートショックプロテインをより増加させると
傷ついた細胞の修復力が高まり、紫外線に
強い肌に変わる可能性があると考えらえているのです

 

そんなヒートショックプロテインを増加させる方法が入浴です
その入浴法は3日に1度だけ湯船につかればOKというもの
ヒートショックプロテインは毎日行うと体が
熱に慣れてしまい増えづらくなる

 

一度ヒートショックプロテインが増えると
2日目にはピークを迎え、3日目に徐々に減ってくる
なので3日目に湯船につかるとまた
ヒートショックプロテインが増えてくるのです。
41度のお湯に15分浸かるだけでいいとのこと。
他の日はシャワーだけにしましょう、こういう感じに。
DSC_1572

 

先ほどの56歳の女性にヒートショックプロテイン増加法の
実験をしてもらう事に、期間は2週間です。

 

この実験をするにあたりポイントがいくつかあります。
・熱いお風呂に長い時間浸かるので脱水を避けるため水分を用意
・辛くなったら休憩を挟みながら入浴する
・入浴以外の日のシャワーのお湯の温度は41度よりも低く(TVでは37度のシャワーでした)

玉のような汗が出てくると、ヒートショックプロテインが
増加している証拠
です。

 

2週間経ってから再び紫外線に対する肌の強さを
調べてみると、2週間前よりも明らかに強くなっていました。
ヒートショックプロテインの量も2週間前よりも1.3倍も増えていました!
2週間で効果があるヒートショックプロテイン入浴法はいいですね
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?