ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、米油が動脈硬化を予防?こめ油に含まれるガンマオリザノールがカギとなっている

Pocket

10月20日放送のたけしの家庭の医学、今回は名医が認めた医食同源SP。
名医が認めた3つの体に良い食材を紹介。
3つの記事に分けて紹介していこうと思います、2つ目は
動脈硬化を予防する食材です。

 

 

スポンサードリンク

 

動脈硬化を防ぐための油とは?

動脈硬化は心疾患、また脳血管疾患の発症率を高めてしまいます。
30代から徐々に死亡者数は増えていき、50代からは死亡者数の数値が
急に上昇していきます。
年間30万人の方が、心疾患または脳血管疾患でなくなられています

 

主な原因は脂っこい食事と喫煙です、肉食ばかりだとリスクは
増加していく一方です、タバコを吸うとさらにそれに
拍車をかける形に。

 

街で話をきくと、体にいいオイルを使うという事を意識しているとのこと。
最近血管を若々しく保つために使う油が
・オリーブオイル
・アマニ油
・エゴマ油

というのが有名ですよね。

 

ですが最近医学界で注目されている油があります、東京医科大学の
小田原先生がおススメする油が・・・米油です。

 

こめ油は以前にもこの家庭の医学で取り上げられていたと思います。
アメリカで行われた臨床研究では、高脂血症の患者50名に米油を摂取
してもらったら、悪玉コレステロール値が20%もダウンしたそうです。

 

米油の何が動脈硬化を予防するのか?

山形県へ、米油を作っている米油工場があるそうです。
今は米の収穫時期ですよね、たくさん刈り取られていました。

 

米を収穫するともみがついた状態です、もみをゆすって取り
玄米が出来上がります、玄米になった状態で工場へ。
それから機械でふるいにかけ、異物を除去して
それから精米をして、白米になります。

 

米油は白米から作るのか?というとそうではなくて・・・
精米をした工場でトラックに茶色いものが大量に積まれました、これは
何かというと精米した時に出た米ぬかなんです。
この米ぬかをしぼって、米油にするんです。

 

米ぬかは、特別な栄養が含まれていて、コレステロール値を
下げる作用がある、ガンマオリザノールという物質が
含まれていて、優れた抗酸化力を持っているようです。
医薬品やサプリメントにも使用されています。

 

ガンマオリザノールを含む食品を食べると、腸内では食べ物に含まれる
コレステロールの過剰な吸収をブロックしてくれます。
腸内で、ガンマオリザノールの膜がはっているという感じ。

 

コレステロールの過剰な摂取を防いでくれるので、血液中に
コレステロールが溜まるのを防いでくれます。
ガンマオリザノールを含む米ぬかが、米油の原料という事です。
米ぬかをすぐに油分だけを分類し、脱臭脱色をして米油が完成します。

 

玄米を食べればいいのでは?と思いますが、米油の方が
効率的に、ガンマオリザノールを摂取できるようです。
ガンマオリザノールは、当然ですが玄米にも含まれています。

 

毎日米油の品質を管理している天野さん、血管年齢を
検査してみると、46歳なのに血管年齢は40代前半でした。
他にも、米油工場で働かれている人にも検査に
協力してもらったら、13人中10人は血管年齢が
実年齢よりも下
でした。

 

山形県天童市では、米油のフォーラムが開かれているそうです。
米油が健康にいいという事がもっと広まってもらうように。
山形県だと、簡単に米油が手に入るのでしょうかね。

 

55歳女性の方の自宅へ、普段の料理に米油を使っています。
1年前から使ているそうです、55歳女性は血管年齢が
30代前半というんですから、その効果は凄いですね。

 

普段どういうときに米油を使っているのかというと
米を炊くときに、こさじ1/3杯の米油を入れているそうです。
他にも煮物に小さじ1杯の米油を入れたり。
米油って味に癖がないので、どういう料理にも使えます。

 

あけびの皮を米油でいためたものもよく食べられていて
あけびとはツルに実を付ける果実の一種だそうです。
他にも、作り置きした米油料理が出てきました。

 

続いては68歳女性のお宅へ。
血管年齢は実年齢です、どんな米油の使い方を
しているのか?

 

ピカタという料理を作ります、ピカタというのは
肉や魚などに小麦粉と溶き卵をつけソテーする料理の事。
米油をフライパンに大さじ1杯いれて
小麦粉と溶き卵をまぶしたゴーヤを焼いてできあがり。
他にも、食パンに米油を塗って食べたりしています。
本当にいろんな料理に使えますね。

 

米油の更なる2つのパワーを公開

1日にどれくらい摂取すればいいのかは、まだ適切な
量が確立されていないそうです。
だけど、1軒目のお宅ではたくさん使っている印象がありました。

 

2つのパワー、まず一つ目は
1 さらに貴重な栄養素
それはビタミンE、抗酸化作用があります、普通の食材で
摂取するビタミンEよりも米油で摂取するビタミンEが
抗酸化作用が強い
とのこと。

 

2 野菜と一緒に摂ると効果的
野菜にはビタミンCが含まれていて、これも抗酸化作用があります。
また、米油と一緒に摂るとビタミンEも含まれているので
一緒に摂るとより、抗酸化作用が強くなるという事です。
熱に弱いので、ドレッシングなどに使うのがベスト。

 

一つ欠点があって、ガンマオリザノールはコレステロールを減らす
薬としても使われています、なので高コレステロール血症の
薬を服用している方は、決して服用をやめず米油は補助的に使ってください。

以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?