風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、気分の落ち込みで卵巣奇形腫による自己免疫性脳炎という事も

Pocket

2016年3月22日放送のたけしの家庭の医学3時間SP。
今回はセカンドオピニオンの特集。
名医のセカンドオピニオンで、隠された病を
発見するというテーマ、2つ目は気分の落ち込み。

 

 

スポンサードリンク

 

気分の落ち込みの陰に隠れた危険な病とは?

岡山県岡山市の岡山大学病院の精神科医の髙木学先生。
神経診察というのを得意とされています。
気分の落ち込みの陰に隠れた病とは
一体どういう病なのでしょうか?
実際の症例を紹介。

 

49歳の女性、経理事務の仕事をしていました。
最初の異変はある週末の夜の事、喉の痛みを
感じていて微熱があった
ので市販薬を飲んで
様子を見ることに。
週明けには元気な姿に戻っていました。

 

会社に復帰して2週間後、仕事で大失態を
侵してしまいました、重要な見積もりを
別の取引先にメールで送ってしまったのです。

 

更にその翌日、勤務中に居眠りを・・・
帰宅しても食欲が低下してしまいました。
ある日、旦那さんが帰宅した時の事
女性は電気もつけずぼーっとしていました。

 

なんと夕飯の支度もできていなかったのです。
旦那さんはひょっとしたらと思い近所の
メンタルクリニックへ連れていくことに。

 

そして今までの事を話し、診断の結果はうつ病
これが最初の診断です。

 

抗うつ薬を処方されて飲んでいきました。
そして治療に専念するよう、仕事もしばらく休むことに。
しかし、薬を服用しても症状は一向に良くなりませんでした。
1日中頭痛が続いたそうです。

 

そして仕事は結局退職することになりました。
会社を辞めて10日後、なんと気分が明るく
なっていたのです、旦那さんは薬が効いてきたのかと
おもっていました。

 

しかしこの夜に、散歩へ行った公園の話を旦那さんが
すると、なんとその時の事を覚えてない
いいました、そして翌日は幻覚をみるように。
次の日、脳神経外科へ連れていきましたが
脳には異常がないと言われました。

 

そして最初に行ったメンタルクリニックへ行くと
統合失調症の可能性もあると診断、抗精神薬を
処方されましたが・・・・

 

薬をかえてから2週間後・・・・
女性は暗い部屋でテレビに向かい叫びだし
旦那さんが誰なのかもわからなくなって
暴れだしました

 

旦那さんは再びメンタルクリニックへ連れていきました。
そこで紹介されたのが髙木先生です。

 

髙木先生は診察である部分を疑いました

これまでの最初の異変や状況を話していきました。
脳のMRIの画像をみると異常は見当たりませんでした。
そこで神経診察を行います。

 

赤いペンライトを使い目で追ってもらったり
軽く歩いてもらったり、肘の動きも異常はなし。
しかし、ひざを動かしたとき女性はなにか
口に物を入れているような動きをしたのです。

 

カギを握っているのは脳と髙木先生は思いました。
そこで脳波の検査をすることに
脳波の波形はかなりよくなかったそうです。

 

しかし何が原因なのかがわかりません。
そこで、何か他の症状はないか?と聞くと
食欲が落ち、風邪の症状が出たり、そして
熱が出るという所で、髙木先生は反応しました。
そこですぐに熱を測ると、女性は38度となっていました。

 

そこで髙木先生はお腹のMRI検査をすることに。
すると見つかったのは・・・腫瘍。
病名は卵巣奇形腫による自己免疫性脳炎

 

卵巣奇形腫というのは、全卵巣腫瘍の20%から40%を占める、比較的
良性の場合が多い、卵巣にがん細胞が出来ると
免疫細胞が攻撃して駆逐するのですが、まれに免疫細胞が
暴走し卵巣とは関係ない場所を攻撃することがある

 

女性の場合自己免疫が暴走したのは、風邪によって暴走の
スイッチが入り、脳を攻撃していったと考えられている。
厄介なのは脳の炎症がMRIで見つけられない
そこで髙木先生は、脳波と熱で見つける事が出来た。
この2つが決め手だったようです。

 

自己免疫性脳炎は2007年にアメリカで発見された
比較的新しい病で、確定診断をするためには脳の髄液を
調べて脳の炎症を確かめる必要があります。

 

日本でこの検査が出来るのは
秋田大学医学部附属病院と岡山大学病院でしか
現在は検査をする事が出来ないそうです。

 

その後、女性はステロイドを点滴をして
卵巣奇形腫の摘出手術をして、6か月後には
元気を取り戻しました。

 

うつ病と間違えやすい女性に多い病

症状に気づかずに放置している事も多いそうです。
簡単に見分ける方法があります、それは
気分の落ち込み+手足の冷え
これで甲状腺機能低下症という病の可能性が・・・

 

甲状腺ホルモンが低下し、気分の落ち込みや
手足の冷えが症状として現れるそうです。
甲状腺の検査をすることで、この病は見つける事が出来ます。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?