新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、尿漏れ+臓器脱はメッシュ手術で治療!

Pocket

2016年7月12日放送のたけしの家庭の医学
今回は3時間SP、特集はいくつかありますので
テーマに分けて紹介、3つ目は頻尿の新常識。

 

 

スポンサードリンク

 

尿漏れ常識クイズ

第1問 尿漏れが多いのはどっち?
A女性、B男性
答えは女性、男性の3倍近く尿漏れを経験する
どうして多いのかというと、第2問へ。

 

第2問 尿漏れの原因となる出来事は?
Aが月経、Bが出産、Cが授乳
答えはBの出産、尿漏れの主な原因は骨盤底筋が
緩んでしまう事なんです。
加齢でも緩みますが、出産が一番緩んでしまう
と言われているのです。
現在出産後は、病院で骨盤底筋のケアが行われいます。

 

第3問 骨盤底筋を緩めてしまう可能性が高いのはどっち?
Aは太っている人、Bは痩せている人
答えは太っている人、太ると内臓に脂肪がたまる
この内臓脂肪が骨盤底筋に圧力を
かけ続けて緩んでいくのです。

 

新しい方法で尿漏れを診断する診療科とは?

ウロギネコロジーセンターといい亀田総合病院にあります。
ウロギネコロジーセンターは、泌尿器科、婦人科、直腸肛門外科
この3つのノウハウ全てを知っている診療科です。

 

そこの野村昌良先生に話を聞くと
臓器脱と尿漏れを併発することが、近年女性に多く
みられる
とのこと。
臓器脱というのは、臓器が下がる事を言います。

 

体験者の証言を紹介

71歳女性、2年前にある症状が出ました。
最初の異変はパートで働いているとき、荷物を持った時
少し尿漏れをしてしまいました。
初めての経験だったそうです。

 

数日後にも同じように尿漏れを経験、気になって
ドラッグストアへ行き尿漏れパッドを買おうと思いましたが
視線が気になったりして、結局生理用ナプキンを購入。
しかしこれでは尿漏れそのものは解決されません
その後も尿漏れは悪化していきました。

 

その後近所の婦人科を受診することに、そこで子宮が
下がっている事を指摘され、ペッサリーという器具を
使い子宮を上にあげる事に。

 

このペッサリーは相性がありいい人悪い人がいるようです。
女性の場合、数日後には痛みに変化していき
耐え難い痛みになっていきました。
1ケ月我慢したが痛みは治まらず、ペッサリーを
外してもらう事に。

 

結局ナプキンで対症することになりましたが解決には
なっていませんね・・・

 

そして半年後に決定的な出来事が・・・股の間に
ぷにゅっとした感覚があり、それはなにかというと
うずらの卵位の膀胱がちつから飛び出していたのです。
1か月がたつ頃には、鶏の卵位に肥大していた。

 

これでも気にはなっていたが病院には行かず
放置していたのですが・・・
ある時一筋の光が。

 

友人からの電話があり尿漏れの治療をしているという話を聞きました
その病院こそ、亀田総合病院なのです。

 

メッシュ手術とは?

メッシュ手術というのは、まず腹腔鏡を入れるのでお腹に穴をあけて
子宮付近にある臓器との間を広げていき、広げた所に
2枚のメッシュを挿入し、直腸や膀胱の壁の部分に縫い付けて
背骨のじん帯にくくりつけて、臓器を引っ張り上げるというもの。

 

痛みも少なく回復が早い、臓器脱の再発の可能性も2%ほど
と言われております、患者さんに優しい手術ですね。

 

女性は無事手術が成功しまして、退院した女性は1年ぶりに外へ
お出かけをしました、すっかり尿漏れもなくなり
気にする事もなくなったそうです。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?