新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、加齢黄斑変性は第3の目の病と言われ現在急増中です

Pocket

2016年5月17日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
身体を老けさせない新事実と題して5つのテーマで
何を話していたのかを紹介
2つ目は目の奥にかすが溜まる。

 

 

スポンサードリンク

 

現在急増中の第3の目の病とは?

加齢でどうしても目が見えにくくなりますよね。
街頭インタビューでも10人中9人は物が見づらい
とおっしゃっていました。

 

日本大学病院の森隆三郎先生に話を伺うと
新聞が見えづらくなる、人の顔の識別が
出来なくなる、笑っているのか怒っているのか
わからなくなるといった事が起こるようです。

 

白内障や緑内障ではなく、第3の病だと言われていて
特徴があります、目の奥にカスがたまる
というのが特徴なのです。

 

この病を発症した患者さんに話を聞くことに。
74歳男性、2年前の夏に目の見づらさを感じたそうです。

 

PCの右の枠が歪んで見えたそうです。
最初は目の疲れだと思ったとのこと。

 

しかし数日後、異様な光景を目にしてしまう。
バスに乗り電柱をみたら、歪んで見えたのです
この時すでに右目にかすが溜まっていた。
治療をした現在も物が歪んで見えているとのこと。

 

そこで検証をすることに、目の見づらさを日々
感じている50代から70代の男女15名の方に
実験の協力をしてもらう事に。

 

網膜を撮影する実験をしました、そしたら
実験に参加した15名中4名の方にかすが見つかりました。
一番の原因は加齢で、かすを除去する力が
低下していくというもの。

 

どうしてカスが溜まるのか?

日々新陳代謝を繰り返す網膜の細胞、通常なら古くなった
細胞は剥がれ落ち除去されますが、老化することで
除去する機能が低下し剥がれ落ちた細胞が
眼球の奥に溜まっていくのです、それが目のカス。
ドルーゼンという名前。

 

ドルーゼンが溜まると新生血管が生えてくる
この新しい血管はもろく、ちょっとした衝撃で出血する
この出血により網膜が膨れ上がり、視野の中心が歪んで見える
減少を引き起こしてしまうのです。
『加齢黄斑変性』
といいます。

 

黄斑は目の中心にある最も大切な場所、ここには
目のカスが溜まりやすい。

 

加齢黄斑変性を防ぐ方法は?

目のカスがあるだけでは発症しませんが
黄斑にカスが溜まっていって、新生血管が生えてきて
そこで出血をして網膜が膨らむことで
加齢黄斑変性となってしまう。

 

加齢黄斑変性じゃないかと気になる場合は
チェックするために、片方ずつものを見ることを
たまにでいいからやってみましょう。
両目だとお互い補正し合うので。

 

また、加齢の他にも紫外線も目のカスが溜まりやすい
言われているので、日差しの強い日は
サングラスなどをしましょう。

 

加齢黄斑変性を防ぐ栄養素を4つ紹介

・ビタミンC
・ビタミンE
・亜鉛

もう一つが特におすすめで、アメリカの国立眼研究所が
発表しました、なにかというと
・ルテイン
となっています。

 

ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜に
多く含まれています。

 

ルテインは体内にも存在し、眼球の網膜などに
たくさんあると言われています。
太陽光などの紫外線から目を守ってくれている。

 

所が加齢とともにルテインが減少すると、太陽光からの
紫外線でダメージを受けやすくなる。

 

という事で、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛
この4つを含む料理が必要となりますね。

 

1日の推奨摂取量は
・ルテイン 10㎎
・ビタミンC 100㎎
・ビタミンE 6㎎
・亜鉛 8㎎

となっています、結構大変ですよね・・・
これを毎日摂取するのは難しそうですね。
そこで奥園先生の登場となります。

 

奥園レシピのメニューはルテイン、その他の4種類の栄養素を
効率よく摂取する料理を作ります。
奥園先生のレシピはこちらから!
目にいい食事の紹介
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?