新生活の前に自分の体を磨く!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・新しい生活の前に自分を磨いていきましょう!

入学前や入社前にスタイルで友達より差をつける方法

・爪水虫に悩んでいませんか?

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、免疫力アップ法は寝ながら腹式呼吸と41度のお風呂に15分入ろう!

Pocket

2016年2月16日放送のたけしの家庭の医学、今回は
冬の免疫力アップについての特集。
免疫力を鍛えれば、風邪などにも強い体になります。
どのようにすれば免疫力を鍛える事ができるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

免疫細胞こそ人間の体の要!

免疫力が低いと風邪などをひくだけかと思ったら
がんにもなりやすいと言われています。
1日5千個もがん細胞は産まれていて、我々ががん化
しにくいのは、免疫細胞(NK細胞)が
がん細胞を死滅させてくれているから
なんです。

 

だけど加齢で免疫力というのは落ちてきます、70代にも
なるとピーク時の半分
にもなります。

 

なんとかならないのか・・・って思ったら
最新の研究であることがわかりました。
信州大学の大橋俊夫先生がいうには、免疫力低下には
ある原因が関わっている、それは体を守る免疫細胞が
眠ってしまっているというんです。

 

どういう事かというと、免疫細胞はリンパ節で待機していて
そこから定期的にパトロールして、異物が入ると
攻撃し病から体を守ってくれます

 

しかし、何らかの理由でリンパ節から出ていかなくなり
免疫力低下につながっていると。

 

ではどうすればいいのかというと
休んでいる免疫細胞を叩き起こす、という事をします

 

どうやって叩き起こすのでしょうか?
それは食後2時間後に20分間あることをすればいいだけ。
なんなんでしょうね・・・

 

そこで男女3名に協力をしてもらう事に。
56歳女性 口内炎ができやすく風邪もひきやすい
54歳男性 風邪をよくひく
71歳男性 疲れやすい

 

血液検査でNK活性を調べることに。
すると全員、NK活性の基準値以下という結果に。

 

そこでやってもらう事は、先ほどの
食後2時間後に20分間あることをするだけだそうです。
4日後に再び血液検査をすることに。
そして4日後にNK活性を調べたら、全員検証前よりも
アップしていました。
一体何やったのか凄い気になりますね・・・

 

20分間床で横になるだけ!

たったこれだけなんです、これでリンパ液が
流れて、そこにタンパク質の一種が流れてきて
眠っていた免疫細胞がおこし活発
になるのです。

 

リンパ液の流れをよくすることで、NK細胞が活性すると
大橋先生は研究発表しています。

 

そもそもリンパ液には、心臓のように血液を出して
送ってという様なポンプ機能がないため、流れが滞りやすい。
立ち姿勢や座り姿勢が続くと、重力の影響で
流れが悪くなり、リンパ液は下半身に溜まりやすくなる。

 

横になることで、足に溜まったリンパ液が流れはじめ
上半身へと戻っていきます。
張り切ってパトロールに行けるという事ですね。

 

更に効果的な方法がもう一つあって、それは
横になりながらあることをします。
それはなにかというと、ゆっくり呼吸をする。
腹式呼吸ですね。

 

お腹には乳び槽というのがあり、足や腸からのリンパ液が
流れ込む場所です、リンパ液が溜まると大きくなるので
そこで腹式呼吸をすると圧力がかかり
溜まったリンパ液が流れるという事が
大橋先生は研究で分かったようです。

 

特に腸とつながっているというのが重要で、腸というのは
外界とつながっています、というのは口から入れた食べ物が
胃を通り越したら、腸に行きますよね?

 

そこで異物が腸に入りこんだら、免疫細胞の出番となります。
特に腸の壁にある免疫細胞は、精鋭部隊と
言われております、いつでも腸の中で外から入った
異物と戦っているためです

 

腹式呼吸をすることで、この腸の壁にいてる
精鋭部隊の免疫細胞が、体に流れ込んでいく

という事が考えられるので、腹式呼吸は推奨されている。

 

また食後というのも大事なポイント、食後は脂肪分などが
小腸のリンパ管から吸収されるので、食事の2~3時間後は
腸からのリンパ液が大量に乳び槽に流れ込むのです

なので、食事をして2時間後に腹式呼吸は最も効果的!

 

寝ながら腹式呼吸のやり方

手をお腹に置き、呼吸とともに
お腹が上下するのを手で確認しながら行う
鼻からゆっくり息を吸い、お腹を膨らませ口からゆっくり
息を吐くときはお腹をへこませることを意識しながら息を吐く。
1分間に2回から3回、1回で20秒かけて呼吸をします

 

国際医療福祉大学大学院の前田眞治先生は
免疫力を簡単にあげる方法を教えてくれます。
キーワードは免疫細胞を鍛えるとのこと。

 

簡単に免疫細胞を鍛える方法があって、それはお風呂。
温度に敏感な免疫細胞、深部体温といって
ここが1度上がることで、免疫細胞はストレスを感じ
活性化させることが出来る
という事がわかってきたようです。

 

免疫力アップのお風呂の入り方

どういうお風呂の入り方をするのかというと
暖かい41度のお湯に15分程度肩までつかって入る
これだけで深部体温が上がります。
深部体温が上がった証拠は、額に汗がにじめば
深部体温が1度上がったという証拠
だそうです。
以上です。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?