夏が本格的になる前に体型をどうにかしたい!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・今後ダイエットの新常識となるかもしれない方法

夏本番前に友達よりちょっと差をつけるダイエット法

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・最近話題のエクオールの効果とは?

エクオールは女性が得をする効果あり?

家庭の医学、ロコモを自宅でチェックし片足歯磨きをしよう

Pocket

2016年4月26日放送のたけしの家庭の医学
今回はからだ健診SP、今回は5つの
気になる病を自宅でチェックできる方法を紹介。
最初は足腰の衰えについて。

 

 

スポンサードリンク

 

筋力低下の他にも気にしないといけない所がある

・ついつい近くの物に手をついて立ち上がる
・階段を下りる時、手すりがないと怖く感じる
・靴を履く時、支えがないとふらつく

 

加齢で足腰の力の低下は、顕著に出てしまう。
20代と80代では筋肉量は激減といっても
いい位の筋肉量の低下を招いてしまいます。
得に足の筋肉は、加齢でどんどん低下していく。

 

伊奈病院、石橋英明先生は
バランス能力の方にも気を付けた方がいいと
おっしゃっています、バランス能力の衰えも見逃せない。

 

バランス能力の低下した方と
低下していない人の歩行テストをみると
歩数が違います。

 

たった2歩しか違いませんでしたが、これで
歩幅の違いが判ります、この違いが示すのは
神経の伝達が問題とされている。

 

バランス能力、筋力どちらも低下すると
転倒でケガをし、骨折などをしてしまうと
運が悪ければ寝たきりとなってしまいます。

 

このようなバランスが悪い状態、筋力低下の
状態をロコモティブシンドローム。
通称ロコモと呼ばれています。

 

ロコモになっているかどうかをチェック

2ステップテスト&立ち上りテスト
両方クリアしないとロコモと判定されます。

 

やり方は簡単です。

1つ目 2ステップテスト

1 壁にかかとを付けて立つ
2 出来るだけ大股で2歩あるき、脚を揃える
3 かかとの所にボールペンなどの目印を置く
 これが、身長の1.3倍よりも長いかどうかを調べる
5 座って足先を壁につけ、ひざを軽く曲げた状態にする
6 手を伸ばして体をあおむけにする
7 指先が目印に届かなければクリア、届いてしまうと
  ロコモという判定となります。

 

これが出来たといっても安心はできません。
2つ目のテストがこちら。

 

2つ目 立ち上がりテスト

片足で40㎝の台から立ち上がれるかを判定。
1 椅子に浅く座り、腕を胸の前でクロスする
2 片足のかかとを引き、もう一方の脚を前に伸ばす
3 勢いをつけずに立ち上がる
4 3秒キープできればOK、これを両足やります

 

立ち上がれない、3秒以内に足がふらつく
という状態だとロコモという判定になります。

 

筋力とバランス能力両方鍛える方法

片足歯磨き、という方法です。
片足立ちを日々やりましょうという事で、これを
することで筋力アップ、そしてバランス能力も
アップすると言われています。
朝と晩の2回、片足ずつ1分間ずつやってみましょう。

 

筋力がなく不安な場合は、指一本付いたり
寄りかかったりしてやってみましょう。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?