風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、カルシウムが高血圧、イライラ、がん予防にまで役立つ?

Pocket

家庭の医学、カルシウムが高血圧、イライラ、がん予防にまで役立つ?
2016年12月20日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
続いてはカルシウムについての特集
驚きの健康パワーがわかったのです。

 

 

スポンサードリンク

 

カルシウムの体内での役割って実は結構多い

カルシウムといえば骨を強くする、町で話を聞けば
この声がほとんど聞かれます、しかし骨を作る以外にも
必要不可欠なものなのです。

 

しかしある健康パワーをつたえると皆さん驚いて
いたのです、一部を紹介すると
・筋肉の動きをコントロール
・心臓を正常に動かす
・脳内の情報伝達
・免疫細胞を動かす
・ホルモンの調節
・血液の凝固

などがカルシウムの働きです、これでも一部ですがね。

 

さらに驚いたのが
・高血圧
・ストレス
・ガン

これらも予防できるかもしれないというのです。

 

体内のカルシウムの99%は骨や歯に使われているが
残り1%は全身に使われているというのです
カルシウムって地中からとれる鉱物(ミネラル)の一種

 

カルシウムは日本人が最も不足している栄養素の1つで
統計を取り出した70年間一度も推奨量に達したことがない
というのですから驚きですね。

 

でもどうして日本人はカルシウムが不足してしまうのか?
乳製品をあまりとらない食文化もあるのですが
その他にも日本の水は軟水なので、カルシウムの
量が少ないと言われている、ヨーロッパの水は
硬水でカルシウムの量が多いというのです。

 

カルシウムで高血圧が改善?

この季節は冷えてくるので、身体を温めるような
ラーメンやお鍋などが食べたくなる
しかしこういう食事って塩分が多いんですよね。

 

これが高血圧を引き起こすきっかけとなる可能性もある
しかしカルシウムをしっかりと摂取すると
わざわざ減塩の必要がないというのです、本当でしょうか?

 

そこで減塩をせず好きなものを食べていい
しかしカルシウムだけはしっかりと摂取するという
実験をしました、普段から血圧が気になる4名に
この検証をしてもらう事に。

 

3食の食事の時に、コップ1杯の牛乳を飲んでもらうだけ
これは楽な検証ですよね。

 

するとある男性の1日の血圧の変動を見ると飲んでいる日と
飲まない日では、血圧の上昇に違いが・・・
1日の血圧変動が大きくないのです、牛乳を飲んだ方が。
おまけに夜間の血圧に医師は注目。

 

普通塩分を良く摂取する人は血圧が寝ても下がりにくい
カルシウムが恐らく腎臓に働きかけ、塩分の排出を
促していた可能性があるとのこと。

&nbs;

カルシウムを何でどれくらいとればいい?

牛乳コップ1杯分で220mgのカルシウムが含まれています
他の食材で同量を摂ろうとするとこれくらい必要
dsc_1765
しかし一番効率がいいのは牛乳だそうです、しかしカルシウムって
吸収があまりよくなくて大部分が排出されてしまいます
コップ1杯飲んでも、吸収率が約4割しかない
残りの6割は排出されているという事ですね
カルシウムの1日の推奨摂取量がこちら
dsc_1766

 

カルシウムを摂取することでイライラは解消されるのか?

ある家族の一日を見てみました、するとお母さんが
本当にストレスのたまる環境に置かれていました(笑)
すると交感神経と副交感神経の比率を見ると
交感神経が9割も働いていました
これだとイライラするわけですよね。

&nbs;

そこで1週間カルシウムを摂取しイライラ解消は
されるのかというのをお母さんにやってもらう事に
旦那さんも協力して、色々食事を作ったりしてくれました

&nbs;

検証後、お母さんは確かにイライラは少ししなくなった
という感じを持っていたそうです、という事は
少しは期待できるという事ですね。

&nbs;

カルシウムでがん予防?

カルシウムが発がん性物質を捕まえて排出させるようです
水酸化カルシウムと発がん性物質を含む溶液を
混ぜ合わせて顕微鏡で見てみると、発がん性物質を
カルシウムが包み込んでいたのです。

&nbs;

特に効果を期待できるのが大腸がん、カルシウムが
大腸がんの予防効果が期待されているようです
今後の研究が待たれますね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?