ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、のりに含まれる葉酸で大腸がんが予防できる!?

Pocket

10月20日放送のたけしの家庭の医学、今回は名医が認めた医食同源SP。
名医が認めた3つの体に良い食材を紹介。
3つの記事に分けて紹介していこうと思います、1つ目は
大腸がんの予防するスーパー食材。

 

 

スポンサードリンク

 

男性で一番多いがんが、胃がんから変わりました

男性で一番多かったガン1位は今まで胃がんだったのですが
ついに大腸がんが1位になりました、それだけ現代では
急増しているがんであります。

 

大腸がんのリスクを減らすのが葉酸、体の機能を正常に働かせる栄養素です。
妊婦さんには必要不可欠と言っていい栄養素。
大腸がんというのは細胞の遺伝子が傷つき、ポリープが出来て悪性化したものです。

 

大腸ポリープの2㎝以上は6割以上がガン化すると言われています。
しかし、普段から葉酸を摂取していると
遺伝子の細胞に働きかけ、傷を修復して
ポリープやがんの発生を抑えてくれる
のです。

 

葉酸はその傷ついた遺伝子を修復すると言われています。
葉酸が多く含まれているのが、ほうれん草や枝豆と言われていますが
あるスーパー食材は、枝豆の6倍、ほうれん草の9倍
葉酸が多く含まれている
とのこと。

 

気になりますよね?その食材は佐賀県で収穫できます。
ちょうどこの時期は収穫の時期と言われています、一体
何なんでしょうね、佐賀県でそれを確認することに。

 

佐賀県で日本一の出荷量を誇るスーパー葉酸食材とは?

そのスーパー葉酸食材は有明海で獲れるといいます。
干潟で育っていて、それを収穫し建物の中の水槽で更に
育てています、それは海苔のタネ、答えは海苔なんです。

 

海苔が大腸がんを予防する、スーパー食材という事です。
海苔のタネから海苔ってどのように出来上がるのでしょうか?

 

海水の温度が下がるまで、建物の中の水槽で育て
10月になると海の中へ、海苔の貝殻ごと袋へ入れて網につけます。
海中で海苔の種が貝殻から飛び出して、網に引っ掛かって育っていき
1か月後に網いっぱいに海苔が広がって収穫、という事になります。

 

しかも!海苔は1度刈り取っても、再び育つので
11月から3月までに1つの網から15回程収穫
できるそうです。

 

佐賀県は海苔の出荷量が19億枚も作られているそうです。
国内の海苔の25%は、佐賀県から出荷されます。

 

では佐賀県の方って葉酸濃度が高いのか調べることに。
9名の男女の方に協力してもらい検査をします。

 

血液中の葉酸濃度が8ng(ナノグラム)以上が基準値とされています。
これが6ng未満だとポリープが出来る可能性が8ngの人に比べて
1.4倍も上がる
と言われてます。

 

9名中7名の方が、基準値以上の数値を出しました。
そのうちの50代の田中さん夫婦の食生活、特に海苔を
どれだけ食べているのかを調べることに。

 

午前6時に自宅へお邪魔して、台所のテーブルを見ると焼き海苔が。
冷蔵庫の中にも、とにかくいたるところに海苔、のり、ノリ。
自分で収穫した海苔を1年中ストックしているようです。
さすが海苔の養殖をしている人だけありますね。

 

朝6時半に朝食を準備、とかした卵に焼き海苔を入れて
焼き海苔入りの卵焼きを作りました。
海苔を使ったのはこの卵焼きだけ、ですがここから大判の
海苔を配り始めて、ちぎって納豆にかけて食べました。

 

他にもあえ物、ご飯やみそ汁など全部のメニューに海苔をかけました。
朝から海苔まみれですね・・・これだと1年中ストック
しておかないといけないのがわかります。
朝ご飯だけで海苔をいつも見る長方形の形で換算すると
ご主人34枚、奥様が28枚食べました。

 

続いて昼ご飯、魚のすり身に海苔を巻いています。
それとうどん、おにぎり。
もちろん、おにぎりに巻いて、うどんにも入れて
のりを朝ご飯同様にたくさん食べます。
ご主人が20枚、奥様が14枚食べました。

 

続いて夜になりご主人が晩酌、今度は山芋をすりおろし
それをノリで巻いて油で素揚げ、続いてはフライパンに油をひき
ちぎった海苔を炒めます、塩を少し入れカリカリになるまで
弱火で炒めます、他にもサラダなどを用意して夕食が出来上がり。

 

朝昼同様に夕食でも海苔をたくさん食べていました。
ご主人は24枚、奥さんが27枚
一日の合計の海苔の摂取量は、ご主人78枚、奥さんが69枚
食べました、凄いです・・・

 

ではこれだけの量に葉酸ってどれだけ含まれているのかというと
大腸ガンを予防するために必要な葉酸摂取量は
1日に400マイクログラム必要
と言われています。

 

田中さんご夫婦は、1日に食べた量を葉酸摂取量で換算すると
奥さんが896マイクログラム、ご主人が973マイクログラムという
結果になりました、十分すぎるくらいに摂取できていますね。

 

大腸がん患者の場合は、過剰摂取すると大腸がんが
悪化するという報告もありますので
医師に相談の上摂取量を調整してください。

 

覚えておきたい海苔の3つのパワー

1 大腸がん以外にも効果があるのか?
食道がん、すい臓がんにも予防できると言われています。

2 〇〇と一緒に食べると効果的
それは魚介類、理由はビタミンB6、B12が多く含まれていて
一緒に摂取する事で、葉酸の力がより円滑に使われます。
お刺身を海苔と一緒に食べるといいです。

ビタミンB6を多く含む食品
・むろあじ
・まぐろ
・いわし
・かつお

ビタミンB12を多く含む食品
・牡蠣
・赤貝
・さんま
・いくら

3 必要なのりの枚数は?   
400マイクログラムが大腸がんを予防するために必要と
言われています、いつも見る長方形の形ののりですと16枚食べると
400マイクログラムに達する
という事です。

味付け海苔だと塩分量が気になるので、焼き海苔で
この量を摂取しましょう。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?