ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

その原因Xにあり、夏の残念健康法5選!これらはやらないように!

Pocket

2017年7月14日放送のその原因Xにあり
今回は猛暑を乗り切るための新常識!
夏の残念健康対策を紹介、このような
健康対策をしないように気をつけましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

第5位 水出し麦茶を4日以上かけて飲みきる

実はこれだめなのです、食品微生物センターの
安井先生の話では、冷蔵庫に入れても4日ほどで
細菌が繁殖してしまうためです。

 

更に危険なのは煮出した麦茶、パックから煮出して
冷めるまで放置、これも残念、菌が繁殖しやすいのは
30度から40度、この間に菌が沢山増えてくるので
僅か3日で菌が大繁殖する。

 

菌が繁殖しにくい煮出し麦茶の作り方
まずは容器を熱湯で消毒、次に煮だしたら
すぐにあら熱をとるようにする、菌の繁殖を
抑えることが出来るためです
これをきちんとやりましょう。

 

第4位 汗を乾いたタオルで拭き取る

残念なんですよねこれも、東京理科大学の
川村先生の話では、熱中症になる可能性が
あるためといいます。

 

どうしてなのかというと、汗は自分の体温を
逃がすためにでてくる、汗を乾いたタオルで
拭き取ることで熱がこもってしまい
熱中症になりやすくなってしまう。

 

この対策は、濡れたタオルで拭くこと
液体が蒸発する時に熱を奪う気化熱を利用し
体温を下げてくれるのです。

 

人肌程度の濡れタオルで吹くと、蒸発しやすく
熱を奪いやすいのでより効果的とのこと。

 

第3位 虫除けスプレーを肌にだけかける

残念な理由、日本環境衛生センターの武藤先生の
話では露出している肌だけに吹き付けても
不十分だそうです、蚊は服の上からでも
血を吸い取ってきます。

 

蚊が危険なのは、感染症を媒介することであり
デング熱やジカウイルスなどは、蚊を媒介し
感染すると言われております。

 

なので虫除けスプレーは、露出した肌以外に
服にも吹き付けるようにしましょう。

 

第2位 夏バテ予防にうなぎを食べる

つるた鷲の宮クリニックの鶴田先生によると
うなぎは脂質が多いのでしょうかに時間がかかり
いに負担がかかりかえって夏バテを
引き起こしてしまう可能性がある。

 

また、年齢とともに胃酸の分泌量は減っていき
消化時間も高齢となると長くなってしまいます。

 

うなぎを食べたい場合は、山椒をかけましょう
サンショオールが胃の働きを活発にし
脂質の消化を促進してくれる。

 

第1位 朝食にオレンジを食べる

銀座ケイスキンクリニックの慶田先生の話では
柑橘類の一部に含まれるソラレンという成分が問題
紫外線を吸収しやすくしてしまう成分なのです。

 

食べて約2時間後に全身に行き渡る、そしてその状態が
7時間ほど続いてしまう、その間紫外線を
吸収しやすい身体になってしまう。

 

オレンジの他に、グレープフルーツやレモン
セロリ、パセリ、パクチーなどのセリ科の野菜にも
含まれていると言われている
食べるなら夕食に食べるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?