夏が本格的になる前に体型をどうにかしたい!

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・辛い花粉症を少しでも緩和したい・・・

花粉症対策に必要な栄養素とは?

・今後ダイエットの新常識となるかもしれない方法

夏本番前に友達よりちょっと差をつけるダイエット法

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・最近話題のエクオールの効果とは?

エクオールは女性が得をする効果あり?

その原因Xにあり、あずきをカレーに入れて太りにくくしよう!

Pocket

その原因Xにあり、あずきをカレーに入れて太りにくくしよう!
2017年1月13日放送のその原因Xにあり、今回は
冬の5大お悩み大解決SPというテーマ
最初は冬の肥満から。

 

 

スポンサードリンク

 

太らないカレーライスってあるの?

太りにくくする裏技があり、カレーといえばスパイシーな
ルーですよね、だけどこのカレーのルーって
4割は小麦粉で出来ているそうです。

 

なので食べているときってご飯と併せれば
相当な糖質を摂取しているという事なのです
おまけにカレーの時ってついついお米を食べてしまう。

 

それで体重が増えてしまいます、炭水化物をたくさん
食べるとどうして太るのか?
詳しいことは、こちらのページをご覧ください

肥満になる仕組みの簡単な解説、浅いダイエット学その1

 

しかし、ある食材を足すことでいつものカレーを
太りにくいカレーに変身させることができる。

 

その食材というのは小豆、あの小さなおまめの小豆です
なぜあずき?それは小豆に含まれる2つの成分があるため。

 

小豆に含まれる見逃せない2つの成分

1つ目はポリフェノール
糖の吸収を抑えてくれる効果がある、炭水化物って体内では
そのまま吸収されなくて消化酵素が炭水化物=糖を分解して
吸収しやすいようにしてくれる、この消化酵素の働きを
ポリフェノールがブロックしてくれて糖の分解と吸収を抑えてくれる。

 

2つ目はサポニン
コレステロールや中性脂肪が出来るのを抑える
しかしこの小豆カレーの摂取方法には重要なポイントがある。

 

それは何かというと、あずきと煮汁を一緒に食べる必要がある
小豆に含まれる栄養成分は水に溶けだしやすいためなんです
なので、煮汁ごと使うと、栄養を損なわず食べることができる。

 

そこで簡単な小豆カレーの作り方
1 鍋に小豆と水を入れ火にかける、1人分50g
2 沸騰したら弱火にして30分煮込む
3 そしてカレーに入る食材を炒めて、そこへ煮汁と小豆をまとめていれる

それ以降はカレーを作るのと同じです。

 

更にらっきょうをトッピングするといい、らっきょうもまた
食物繊維が豊富で腸の動きを活発にして太りにくい体にする。
らっきょうの汁もスプーン2杯分かける、らっきょうは水溶性食物繊維
なので栄養が溶け出ている、だから甘酢ごとカレーにかける。
これで太りにくいカレーの完成です。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?